昨日へ    2011年11月01日   明日へ

今日は、中学校の部活体験会。僕は、6年生の引率で中学校に行きました。わくわくと緊張混じる6年生のみんなと歩き到着した中学校は、とても新鮮に「大人の世界」な感じでした。

体育館で部活体験会の開会式を待っていたら、あらー! 去年の6年生や、一昨年の6年生! 去年の6年生は、まぁあいかわらずの可愛さなんだけど、やっぱり中学生になったなーって実感。みんなに会えてよかったよって、あらためて感じたのでした。

25年以上前を思うと、僕、宮城教育大学に入学したときは中学校教員免許を取ろうとしていたんですよね。小学校って考えていなかったんだよなー。...ああ、うんと昔のことですなー。僕は、C類という障害児教育専攻という枠への入学で、養護学校か盲学校か言葉の教室かなど入学後選択だったんです。入学したて(そして予備校生の間中)は、中学校・盲学校と心決めていました。ところが、入学後すぐに、小学校・養護学校教員養成課程に決めました。亀亭園に通うサークル「ともの木」を知ってしまったことも大きいですが、何より素敵な女の子が小学校コースだったことが大きいですな。なんてことなく、あっさり。

いやはや吹雪く中、歯を食いしばって誓ったあの予備校時代は、何だったの?...みたいなコロリでしたなぁ〜 けれど、その選択に(いろいろな紆余曲折あったものの)後悔はなしです。

写真は、先月17日に撮った太鼓たちです。一つは、大阪の仲間へのプレゼント。旅立っていきました。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く