昨日へ    2011年12月22日   明日へ

今日は終業式です。終業式なんですが、給食ありで5時間授業。しっかり授業するんです。今年度、学級担任ではない僕は、こんな日、やっぱり寂しいですな。児童会室を掃除していたら、みーんな「よいお年を〜!」って言ってってくれて、うんと嬉しかったです。ああ、一区切りですね。

夕方帰宅して、電車に乗って松島に向かいます。職場の忘年会があるんです。先月泊まった「松島一の坊」。雪が舞う中、お風呂に入りました。あれこれおしゃべりしました。そして、宴会。楽しく語らい、飲みました。食べました。どちらかと言うと聞き役な僕。1時になったところで、もう寝ようと部屋飲み終了。いろんなことおしゃべりしましたが、加齢によるあれこれが大きな話題だったのは、老眼になってきた僕としては、力入ってたんだろな。

今朝綴った言葉はこんな感じ。

雪が音を伏せて
耳澄ます
風か 雲の声か
昇る太陽低く
季節を 耳で嗅ぐ
きょろきょろ おどおど
クウキは読まない
冬至。
冬に至ったので、 明日から夏への日々。

写真は、4日の新大久保の猫です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く