2012.09.01

20120901.jpg登米(9/01)今朝は、PTAの早朝除草作業でした。帰宅して、しばらくしてから登米に向かいました。知り合いのラーメン屋さんを訪ねました。行ったら「先生ですね」と声を掛けていただき、嬉しかったです。チャーシュー麺を注文し、その後かき氷もお願いし、一時間以上お話ししました。充実した時間、ありがとうございました。人と出会うことが好きなんだなーと、思いました。

鈴虫ったら、何て大きな響きを作り出せるのでしょうか。あんなに小さいのに。何も言わずに奏でているのは、誰のためでもなく、自分のため。媚びない職人のような姿に好感持ちます。

夕張で暮らしていた子どもの頃、僕はたくさんの差別の中で生きていました。「六尺じじい」「六尺ばばあ」...小学生だった僕たちは、あれこれと噂を立て、それを信じ、流布し、気持ち悪がっていました。ごめんなさい。そして、同じような場面をもう許さないですからね。

「釜石の奇跡」が辛いです。それは、石巻の近くで教員をしているから。石巻市立大川小学校が遠くないから。

昨日買ったトウガラシ。ミカン多めにブレンドしてもらったもの。さっき器に入れてご機嫌だったけど、今目をこすっちゃって、なんとま〜やっちまったなぁ〜。右目が非日常です。

自給自足を夢見ていました。貨幣紙幣使わない人生。けれども自然が自然じゃなくなっちゃった宮城県、困りました。森と海を信用できないものにしてしまいました。別な地へ行く話には消極的です。人は人と暮らしているものですから。それゆえ「避難」の実際をよくよく考えている今です。

放射能汚染について「率先避難」できていない私です。私に幼い子どもがいれば...などいろいろ想定しながら、それらは「言い訳」っぽいです。しかしながら、どの道でも悩みは尽きないです。王道はなし。矛盾の中で、何とか道筋見つけて暮らし続けていくんです。ああ。

2012.09.02

20120902.jpg鳴瀬川の堤防(9/01)とても久しぶりの雨。日記サイト「ある小学校教員の毎日〜夕張の父さん母さんへ〜」を更新しました。やっと7月27日分まで。夏休み旅行についてはまだまとめきれず。いつになるやら。

数日前の夢を載せそびれました。
スキー場の見学。下から見るだけ。滑ってきたい気持ち。でもスキーがない。観光地の温泉では、加圧式サウナが売り。ダイエット効果。サウナの後でプールで泳ぐ。その時間があるかが問題。チケット買ってから、次回でも使えるか考えている。ひょっとしたら、閉店後の暗いプールで独り泳ぐかも。旭町。どこかのお店でトイレを借りたい。ついでにウイスキーを飲みたい。けれども今飲んだら、仕事に差し支える。でも、「仕事」が何か分からない。昔の市役所前で踏切が鳴る。陶芸家。階段の上から何枚か落としてしまう。ログハウス民宿。ベッドの部屋は息子さんがかつて使っていたところ。よじ登る高さ。バイク走行、カーブに警官2名。止められる。「マルチ?」「OK」どうやら音楽聴きながら運転について。旅先で、中学生バンドのプロデュース。ライブハウスで2バンド。トイレだと思った場所が、トイレでなくて、気まずくなって、自分の歌は歌えなかった。

昔から、朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国に分かれていたと思っている日本在住の人、少なくないかもしれません。ちょっと前までドイツは「東」と「西」に分けられていたことを、知らない日本で育った若者って、少なくないかもしれない…って思いました。「ベルリンの壁」って、何で作られたか知らない人、多いかもしれません。

2012.09.03

20120903.jpg三本木の夕空(9/03)よくない眠り。深夜に音が気になった。100m程向こうのコンビニにトラック停まっていたと思う。エンジン掛けたまま、きっとエアコンのため。ずっと止まない音は、騒音というには低い。けれども、地震の山鳴りの序章のようで、私のセンサーが反応してしまう。…正体確かめないまま、朝だ。

夢を見ました。こんなのでした。国道沿いの食堂から出たら、少年サッカーの朝練帰り。ギターケース背負って、カメラぶら下げる私。もう大人になっている前々任校のKくん、今中学生のサッカーメンバー、みんな小学生の顔で会釈している。

学校の用事で古川に行き、その帰り道、夕焼けを見ました。まだまだ暑いのですが、懐かしい感じの秋空でした。

孫たち、よく聴きなさい。 人間の暮らしは もう少し苦労して もっと楽しいものだったんだよ。 人間の暮らしは もう少し苦労して もっともっと楽しいものだったんだよ。

しんどい日々、故郷の言葉「なんもなんも」が浮かび、少しほっとしました。言葉は文字(視覚)より音声(または温度)で心に残っているものなんだろうかと、考え中です。

2012.09.04

20120904.jpgALTの先生と一緒(9/04)今日はALTの先生との国際理解学習がありました。S先生、日本語上手になりました。いろんな方とおしゃべりする機会って、小さい頃からあるといいなぁと感じました。

今日、職場に「母の友」が届きました。駅前の小さな本屋さんに定期購読頼んでいるんです。毎月オアシス。

強い心は、声を荒げない。
優しい人は、人救うため抗う。
多弁じゃ伝わらないこと。
沈黙が平穏ではないように
これまでの自分の歩みに照らそう。
今日まで経験してきた全て。
休みながらも委ねない一人。
まだ出会ってない人と
まだ見ぬ風景を見るための旅。
旅という日常。

2012.09.05

20120905.jpg糸電話(9/05)今朝、こんな夢を見ました。
マンションのようなビルの一階が家。天窓たくさんある。近くに新幹線高架。地震で天窓にひびがたくさん入った。雪が降る。天窓が割れそうだ。政府のヘリコプターが赤い粉を撒く。雪を溶かすらしいが、重くなった雪が天窓に集まり、危ない。

今日は、1・2年生の水泳記録会でした。みんな泳げるようになったねぇ〜! 暑い夏のおかげ、そしてひとり一人のチャレンジのおかげ。

今日はクラブ活動の日。私は科学クラブの担当です。本当は、プールで音の実験などをする予定でしたが、あらまー明日が修学旅行。風邪引く原因になっちゃ困るってことで、プールには入らず、糸電話作りしました。どのくらい伝わるかをあれこれと試しました。2階のベランダから校庭のほうまで、伸ばして試しました。伝わった!という喜び。試すこと、そのもののわくわく感。楽しかったですな。そうそう、今朝は6年生に2年生から手紙を渡しました。よい旅になりますように。

僕の中には、セシウムがある。
僕の外にも、セシウムがある。
そして、僕が死に、
セシウムは死なない。
だから、 子孫に語り継ぐことがある。

「防災」でいいんだけど、「減災」「越災」と思ったり。でも、死の灰降らすようなことには、絶対「防」です。
いいタイミングで、そっちの窓から虫の声。照りつく夏は、昼のこと。

2012.09.06

20120906.jpg紙版画(9/06)今朝、修学旅行に出発する6年生に手を振りました。一回り大きくなって帰ってくることでしょう。

図工では、紙版画をしました。紙版画がどういうものかを理解する2時間。顔などを画用紙で作り、すぐに刷りました。技法の理解としての時間。しばらく後に、大きな作品を作りましょう。私自身が、紙版画が好きなので、とてもわくわくなのでした。

子どものいじめは、大人のいじめをなくすことで解消される。大人のいじめがそのままで、子どもだけ真空であり得るはずなし。とりあえず、学校教員にいじめはないか。大人社会を象徴させられてしまっている子どもたち社会。

数年前、職場同僚で行くことが何度かあった居酒屋さん。そこでは私を「リリー先生」と呼んでくれて、どうもくすぐったく、ほんのり嬉しかった。先日、そのお店の看板がなくなっていて、あのおかみさんどうしているだろうと思うのでした。リリーは、フランキーのこと。

権力持っている人が「中立」を強いるとき。それは「命令に従え」ということ。

枯れそうな心のまま
助走距離もないから
君が、羽ばたくのは
とても難しいけれど
しばらくすれば冬だ
覆い隠す雪が溶けて
知らない花が咲くよ
花が君に水を注ぐよ

2012.09.07

20120907.jpg水泳記録会(9/05)今日嬉しかった。ある2年生に「先生は、こまってる人の話をきくしごとにむいている。何てったっけカタカナのしごと」と言われ「カウンセラーかい」「そうそう」と言われたこと。でももっと嬉しかったのは「お茶の先生にもなれるよ」と言われたこと。「だってけいごがつかえるから」。ありがとう。

左右非対称な衣類が好きな私。先日左側深緑で右側薄緑のハーフパンツを履いていて、ある2年生に言われました。「先生、おもらししたんじゃないよね」。なるほどそんな色の変化具合。彼女ったら真面目に小声で聞いてくれたのでとても愛おしく「大丈夫。こういうズボンだったんだ」と話したのでした。

憲法遵守せずに法を作り規則で縛る、自らは縛らぬ「権力ある者」。「権力ある者」は言う、「中立」であれと。それは、主張せず自分に従えと、批判・判断・抗議を聴けない臆病な証。歴史から、意見を異にする人から、何を学んできたか、学ぶことができるか。問われる器。

本日も仙台脱原発デモに参加できません。明日印刷発送する「別姓通信」の版下がまだできていないため。明日の北村小夜さんと語り合う集いの準備のため。ちなみに来週も帰省で宮城にいない私です。きっといろんな方がにぎやかにデモすることと想っています。

やっと「別姓通信」版下がプリントアウトされて、ほっとして、やることあるけど、きっと眠る私です。今頃太陽は、アフリカ辺りを照らしているでしょうか。

2012.09.08

20120908kitamurasayo.pdfちらし(9/08)今日は、早朝に起きました。午後にある北村小夜さんと語り合う会の看板を色画用紙で作りました。そして朝の電車で仙台に行きました。

まずは、エルパーク仙台で「別姓通信」の印刷・発送作業です。印刷機を他の方が使って待つことは、これまであまりなかったのでしたが、今回は少々待ちました。うんと時間がかかると困るなぁと思いましたが、大丈夫でした。しかしながら、今回は写真ページが多いので重なって送られないかチェックが必要でした。今日もHさんに来ていただき助かりました。1人と2人では全然違いますね。2倍以上違います。感謝です。宅配便屋さんで、発送手続きをして、仙台市市民活動サポートセンターに行きました。途中、一番町では定禅寺ジャズフェスティバルで、たくさんのミュージシャンが奏で歌っていました。カレー屋さんでカレーを食べました。

仙台市市民活動サポートセンターでは、放射線被曝から子どもを守る会・教職員部会。始まる前でしたが、いらした仲間と短時間でしたが、お話しをしました。顔を合わせることは、大切です。

戦災復興記念館に向かいました。北村小夜さんと語り合う会「戦争は教室から始まる〜元軍国少女・北村小夜さんと語り合う集い〜」です。私は主催スタッフです。向かう途中で仲間に会いました。来てくれてありがとう! 嬉しくなりました。

ちらしに載せた北村小夜さんの紹介は、こんな感じでした。
北村小夜さん 1925年福岡県生まれ。1950年から1986年まで都内の小・中学校で教員(1965年から1986年までは特殊学級担任)。障害児を普通学校へ・全国連絡会世話人。1999年、国旗及び国歌に関する法律案についての衆議院内閣委員会中央公聴会で、公述人として廃案を訴える。著書多数。
『戦争は教室から始まる〜元軍国少女・北村小夜が語る』「日の丸君が代」強制に反対する神奈川の会編 現代書館
『「共に学ぶ」教育のいくさ場 北村小夜の日教組教研・半世紀』志澤小夜編 現代書館
『能力主義と教育基本法「改正」〜非才、無才、そして障害者の立場から考える』北村小夜著 現代書館
『地域の学校で共に学ぶ 小・中・高校、養護学校教師の実践』北村小夜編 現代書館
『一緒がいいならなぜ分けた〜特殊学級の中から』北村小夜著 現代書館 など

たくさんの方、いろんな現場を持つ老若男女の皆さんに参加してもらい、和室はびっちりでした。小さい参加者が雰囲気をほんわかさせてくれました。ああ、よかったなぁ〜。
北村小夜さんのお話を聴きながら1941年の地図を見てはっとしました。日本が周りの国を侵略して「領土」が広くなっているのですが、朝鮮半島は半分に切られていなかったんです。知識として知っていたことでしたが、はっとしたんです。ああ、そのままだったら一つだったんだと。

戦災復興記念館から仙台駅に仲間とタクシーで移動しました。私は仙石線で苦竹へ。北村小夜さんとの夕食交流会が東仙台であるのです。お店が分からず、うろうろ。地元の方と語らえて、よかったな。交流会では、午後の会に参加できなかった方もいらっしゃいました。また、小夜さんと一緒に東京から来られた方といっぱいお話しできました。ああ、よかった。
交流会の後、東北本線東仙台駅まで歩き、電車まで時間があるのでラーメンを食べ、夜遅くに帰宅しました。ああ、濃い一日でした。

2012.09.09

20120909.jpg石巻・日和山(9/09)今日は、津波被災地ツアーと共に生きる石巻を作り出す連続公開講座の日です。私は、ツアーガイド運転手なので、朝早くに家を出て、多賀城に向かいます。トラで行きます。

多賀城で東京から来ている5名の方と合流し、仙台のiさんの車と2台で津波被災地巡りです。私のトラにはHさんが乗りました。いろーんなお話をしながら行きました。塩釜〜松島〜東松島・東名〜野蒜〜月浜〜矢本〜石巻・工業港〜門脇小学校〜漁港〜湊町〜日和山〜石巻駅。東名の地盤沈下はガイドから聞かないと分からないことだと感想がありました。

石巻駅近くのおそば屋さんでみんなで昼食をとりました。私はカツ丼。みなさんは、おそばでした。そして、石巻市保健相談センターで〈共に生きる石巻を作り出す連続公開講座「地域の学校で共に学ぶ」 講師 北村小夜さん〉でした。私は、ビデオカメラ担当でした。教員仲間も参加していて、ああよかった。山形からも参加がありとても嬉しかったです。公開講座終わってからも、「障害」当事者の青年といろいろお話ししました。石巻は「地元」圏内ですので、つながりを蜜にしていきたいと思いました。ありがとうございました。

山形の仲間が津波被災地を見たいということだったので、日和山に一緒に行きました。中洲が見える場所で、お話したい高齢者の方のお話を聴き、時間が過ぎました。焦りながら野蒜まで。でももう暗いので、三陸道まで送って手を振りました。ああ、今日もまた充実の一日でした。

2012.09.10

20120910.jpg紙版画(9/06)黙っていたらきっと戦争を始める人が現れる。いろんな武器が使われ、たくさんの人が傷つき、憎しみが延々と重ねられる。しかも、戦争は簡単に終わらない。「正義」の名の下に人殺しの連鎖は止まない。戦争やめよう。止めよう。3.11でもう十分傷つけられている私たちなのだから。

維新の会(橋下徹市長)が「制圧」という言葉を使っているのを知りました。ああやっぱりと思いました。「制」して「圧」するんですね、あなたが。

まだ1年半。 何を学んだか。 そして、何を既に忘れているか。

2012.09.11

20120911.jpg仙台の径(9/08)今日は、プール納めの日です。最後のプールを楽しみにしていたのに、アメリカシロヒトリの大発生でプールサイドが大変。子どもたちも私も楽しみにしていたのに、最後を満喫できないまま、プールはおしまいになりました。しょんぼりです。
その代わりに体育館で体育をすることにしました。バスケットゴールを上に揚げる装置が故障して、ゴールが降りたまま。興味津々の2年生なので、バスケットボール(っぽいこと)をすることにしました。ドリブルなしの歩くのなし。ボールはソフトバレー用。とりあえず生まれて初めてのバスケットボールです。
…ふと気付いたことがありました。2年生は毎日「生まれて初めて」をしているということ。引き算の筆算でも紙版画でも日々生まれて初めてだらけ。
…そして気付きました。これは、大人にとっても変わりないこと。新しいこと挑むこと一皮剥けること新鮮さ、可能性。淀まない毎日。

ちだ原人「命の大切さ」講演会。主催ある小学校のPTA。学習参観後に全校児童&保護者対象。当然LIVEトーク形式。いつかちださんを音楽授業のゲストとして迎えたかった。先越されて悔しいやら、その学校のPTAやるな〜と嬉しいやら。当日9/14某小学校体育館。行きたいけど行けず。

「教育熱心」が全て「善」とは限りません。どんな「教育」に熱心か。それは、重要。

2012.09.12

20120912.jpgトマトを切る(9/12)今日の生活科の時間、ミニトマトの種数えをしました。種から栽培したトマト。たくさん実りました。もう枯れたトマトもあります。からからになった実も、まだ青い実も。一株に何個のトマトが実ったか、食べちゃった分も含めて(だいたい)何個かノートに書きました。
そして、一個の実に種が何個できているか、数えます。からからに乾いた実を勧めるのですが、まだ食べられるような実なら包丁で切ることにしたものですから、みんなぷりぷりなトマトを選びました。包丁は一丁。私の前で切ります。持ちにくいトマト。それゆえ真剣。トマトの中の種を画用紙の上に取り、数えます。しっかり並べる人も、ばらばらのままの人も。
なーるほど、やっぱり青いものより赤いもの、とくに熟したもの、からからに乾いたもののほうが種は多いのですね。最高は78個でした。一つの種からたくさんの実がなり、その実にはたくさんの種ができているということ。まだかけ算を学習していませんが、かけ算したい感じでしたな。種の載った画用紙はラミネートして掲示することにしました。ああ、おもしろかった。

夜、学芸会2年生劇台本をひとまずやっと書き上げました。構想2ヶ月、もんもんと1ヶ月、やばやばと1週間、着手したら3時間。題名は「にじ」ですが、まあかつての「桃太郎ズ」&「浦島太郎ズ」リターン的な物語ですな。若干震災加味しました。明後日渡せるかな?

2012.09.13

20120913.jpgラミネーター(9/12)苦あれば楽あり、楽あれば苦あり...とは、楽の分苦あり、苦の分楽あり。楽がなければ苦もなく、苦がなければ楽もないかも。楽だけ人生の人は、今後に苦かも。苦だけ人生の人は、これから楽が訪れるはず。

心のかさぶた。 無理やり剥がしちゃだめよ。 でも、痒いんだよね。 ちょうど爪が引っかかり、 ついついあららで、 振り出しに戻る。 かといって 絆創膏いつまでも貼ってちゃ 社会復帰が難しい。 ああ、心のかさぶた。 無傷よりはきっとよいけど。

誰かの言動・行為を批判するときに「狂っている」という表現をしてほしくないです。違う言葉で表現できないでしょうか。

年を重ねて いつのまにかに
星と星を繋いで 星座が目に入るようになった。
皺も増えたし深くなった。
視野も広くなったかな。
熱いものも小さい頃と比べ、持てる。
そんなごつく堅い手。
でも、意外と心は柔らかく
ますます傷つきやすいけど、
いっぱい山を越えてきたもんだ。 まだまだ。

2012.09.14

20120914.jpgエアDOの紙コップ(9/14)今日は、指導主事学校訪問の日。B訪問という、校内研究を中心とした要請になっているので、全員授業ではありませんでした。私は、カメラ記録担当。2年生の自習準備が課題です。やれやれですな。

定時に学校を出て、家に帰宅。今日はこれから帰省です。迷ったけど、半ズボンで北海道へ向かいます。電車で仙台へ。乗り換え時間に立ちそばを食べます。そして、仙台空港へ。萩の月を買います。最終便に乗り、千歳に着き、空港ホテルに泊まるのでした。

今週もお仕事ご苦労様。 子ども関わりの仕事。 子どもで疲れるのはいいさ。 「母の友」(福音館書店)を 混み合う電車で読みながら、 危うく涙出そうになる。 私、間違ってないのね。 私の話がすーっとわかってくれる人、 きっといるという希望。 ほっとできる人の温かさ。

2012.09.15

20120915.jpg個展会場(9/15)千歳空港のホテルで目を覚ましました。珍しくホテルのバイキング朝食です。ゆったりと時間に追われない朝食って、とても幸せです。そして電車で札幌。時計台画廊に向かいます。今日は、母さんの個展の最終日です。札幌も蒸し蒸し。

絵画教室の皆さんのサポート体制ががっちりしていました。感謝です。たくさんの来客に大変そうな作家さんでした。被災地支援で東松島でお会いした夕張出身のお二人も来てくださり、感激でした。Sさんは、家でやっていた絵画教室にも来ていたとのこと。あらまー、初対面ではなかったんですねぇ!びっくりでした。これからの企画などについて、いろいろお話できました。ありがとうございました。

岩見沢のKちゃんお二人でいらしてくれて、感謝でした。一緒に時計台近くのお寿司屋さんに行き、語らいました。そうそう!冬の積雪大変だったんですよね! 暑い夏で忘れてしまいそうだけど、それはそれは大変だったんです。ああ、久しぶりにお寿司を食べた感じでした。ほっとできる時間を、ありがとうございました。

夕方になり、父さんやTrueくんファミリー、親戚の皆さんが来ました。ああ、Aくんは初対面でした! 会えて嬉しい! 搬出作業をみんなで手早くやりました。
Trueくんちに一度行き、それからサッポロビール園へ。やっぱりジンギスカンがいいっしょ! ビールも飲みました。その後みんなでカラオケに行きました。いゃあ〜! ああにぎやかなひとときでした。ほっとしました。みんなにお疲れさま! 自分にもお疲れさま!

2012.09.16

20120916.jpgサッポロビール園(9/16)江別で目を覚ましました。北海道での日曜日。やることありつつも、久しぶりの昼寝&温泉。ほんとの休みでした。あえて何もしないという行為。瞳に瞬きが必要なように、動くばかりでは乾いてしまいますな。
夕方、餃子を粉から作ってみんなで食べました。冷凍用もタッパに入れて、ほっとしました。

2012.09.17

20120917.jpg千歳・箱根牧場(9/17)江別で目を覚ましました。土曜日に搬出した絵が届きました。何枚かは江別、残りは夕張に運びます。トラックが夕張に着いたときに、誰かがいなくてはなりません。車で夕張に向います。トラックが来るまでに、前回途中までだったガレージ整理をしました。自分の部屋は全然片付けていないのですが、こういうことはきちんとやりたい性分なのです。絵が届きました。ほっとしました。昼食を作り、みんなで食べました。

車で千歳へ。途中、観光牧場に寄りました。ああ、牛はいいねぇ。草をもさもさと食べる彼ら、とても好きです。一緒に暮らしたいくらいです。
空港で父さん母さんに手を振りました。いつも同様の人混み。白樺で作ったボウルを買いました。ラーメンを食べました。離陸して、着陸して、電車に揺られて帰宅しました。ほっとしました。

2012.09.18

20120918.jpg千歳から仙台へ(9/17)今朝の夢はこんなのでした。明日までに図工専科の1時間で版画仕上げて、掲示まで。けれども紙が斜めに切れてしまって、学級担任に揶揄される。定時で帰宅。セローで学校の畑へ。水田で大根を抜く。夜、空の遠くで戦闘機の戦い。

2時間目は、歯磨き指導のため保健師さんが教室に来ました。保健師さんが授業を進め、私は横でフォローする役割です。椅子に座って静かにしていましたが、急に心臓がぎゅーっと痛みました。心臓を掴まれて握力を計るときみたいに、グレープフルーツ絞るときみたいに、ぎゅーっと! 同時に気管支の底のあたりが重く痛みます。動悸が激しくなったり、汗をかいたりしません。それはそれはそっと、まるでみんなに見えていないテーブルの下で足を踏まれるかのように、痛むのです。耐えるしかなく、それでもどうしても右手は左胸に当ててしまいます。数分で落ち着くんです。これまでも不定期にあったんです。授業が終わったあたりで、悪魔が去っていきましたが、どうも不安があります。ちょっと保健室で横になることにしました。ちょうど業間休みでしたし。

そっと保健室に行ったつもりでしたが、先生方にも2年生にも心配を掛けてしまいました。学校近くの病院に行ってみたほうがよいと勧められ、行くことにしました。安心するために検査するのは悪くないと考えました。病院ではすぐに先生に診てもらいました。専門的な検査ができる病院に行ったほうがよいと言われました。学校に戻って調べたところ、比較的近くにある専門的な病院は、もう受付を終えるところでした。やむなし。明日行くことに決めました。

教室に戻ると、みんながいつもよりも優しいのでした。知識豊かな2年生のある子が「乳癌じゃないかな」と診断。ふむふむ、男性乳癌もあるからね〜。つくづく耳から入るあれこれをよく記憶する子どもたちです。ああ、明日の病院、痛くないといいですが...

旧友からの長電話。あれこれ知り合っている幸せ。お互い様な聴き合い、幸なり。

人生初心者。 甘えず 奢らず 組せず 靡かず 群れず 動じず 日々勉強 日々成長 日々のんびり。

2012.09.19

20120919.jpg循環器センター(9/19)朝学校には向かわず、トラで瀬峰に向かいました。県の循環器センターに行くためです。受付開始時間に到着。問診票を書きました。身長体重血圧を測りました。診察券は首から下げました。しばらく待ちました。
診察室にやっと呼ばれて行きました。血液検査のために採血されました。エックス線検査を受けました。心電図を取られました。そしてまた待ちました。売店で「中央公論」を売っていました。学校現場特集だったので買いました。読みました。そしてまた待ちました。
正午過ぎそうになって、看護師さんがまだ時間を要することを伝えにきました。仕方ないですね、予約していたわけではないし。給食に間に合いませんと、学校に電話を入れました。
しばらくして、血栓を診るための心電図検査、超音波検査を受けました。超音波検査では、モニターの中で動く心臓の様子がよく分かりました。画像を停止させてポインタクリックして何かを計っているようでした。
検査を終えて、食堂でご飯を食べました。カツ丼です。またしばらく待ちました。呼ばれて言って、診察結果を聞きました。心臓・血管に異状はなし。ただし、γGTPが高いのでお酒はほどほどにするように、とのことでした。尿酸値が以前より高くなっていたのがちょっと気になりましたが、ひとまずまあ安心です。学校に電話しました。もう3時前だったので、このまま休暇を取ることにしました。やれやれ一日かがりでした。

2012.09.20

20120920.jpg千歳の羊くん(9/17)今朝見た夢はこんなのでした。ヤクザの兄貴分と一緒に、お世話になっているご家族集まるところにお邪魔する。大きな屋敷をぐるりと回り、庭に大勢集まっている。兄貴分の出所の挨拶。ご迷惑おかけしました。野次が飛ぶ。頭を下げたまま、結婚の報告。空気が変わり、新聞の四コママンガの世界。夜の駅前と言っても地方のことなので、人はない。路上生活の私は、素晴らしい詩を写す。青いペンで、貧しい詩人の魂の一編。涙があふれる。きっちり1ページに収まる。学級通信のため。もう一編を写していて、あまりの暗さに街灯灯す。すると線路の方に人影。戻ってくる人は赤い三脚を抱えている。さっきの人影が私のテントで盗みを働いているかもしれない。人を信じようと感動していたところで、がっかりする。

学校に行って、先生方に2年生に昨日の病院の報告をしました。ご心配をお掛けしました。

図工の時間に、紙版画をしました。前回技法をマスターしたので、もう早いものです。「にぎやかな校てい」ということで、大きな主人公を作り、まわりに小さめに仲間を作ります。主人公の腕や脚は曲がるように。紙を切る前に下書きはなし。今日は、刷る前まで。

ちだ原人NATS小学校LIVE(PTA教養部主催講演会)報告。文字から声が聴こえる! いつもすごいな〜と感じます。http://t.co/mnRjDOPP

身近な人の自殺。残された人の気持ち。でも、死を選んでしまった事実。もう、重ねたくないです。「絆」が、掛け声だけで終わりませんように。ましてや、拘束・縛り縛られになりませんように。

2012.09.21

20120921.jpg紙版画(9/21)ささやく雨。
キャベツの芽、
初めて天然の雨。
雨落とす空を見つめる、
ゴーグルもせずに。
コオロギは晴奏雨読、
読書の秋。
蝉たちは人生を終え、
アリの巣の中。
旅立ったツバメ、
どの辺まで行ったやら。
秋分ける日を境に夜の季節がマントを広げて、
「暑い暑い」をちりとりに集める。

今日も図工をしました。今日は刷りのための日です。準備と片付けと、なかなか大変でした。

青息吐息で休暇を取って、電車に揺られて仙台へ。脱原発デモ。ジャンベだけ背負って、雨合羽ポケットに突っ込んで。電車は冷房。私は半ズボン。季節移ろい、キンモクセイ香るまであと少しかな。

脱原発デモの帰り道、ヨドバシカメラに。関心はiPhone5。触ってなるほどね。話題のMAPも確かめました。去年の4Sで十分。でも下取りキャンペーンにはピクリ。思い入れ有り過ぎのMacをどうしたものかと思う私。iPhone然り。愛着わく前に下取りという別れを選ぶべきか。脱原発デモ帰りに、ちょっと高いヘッドホン衝動買い。今、空気公団久しぶりに聴きながら、買ってよかったとしみじみ。「君」という言葉の恥ずかしいような清々しい懐かしさ。音楽は、よい。音楽は、救い。よいヘッドホンにして、ベースがくっきりしました。ピアノの右手方向の弾む感じが、見えるようになりました。ほっとしました。肉眼より双眼鏡のレンズ越しのほうがリアルなのと、似ています。

2012.09.22

20120922.jpg佳景山のお店(9/22)入院した子へのお見舞い手紙を製本しながら、iPhoneをiOS6.0にしました。思ったよりもぱっと終わったのはよいのですが、車・バイクの燃費計算アプリ eFuel 使えなくなっているのが、ショックです。

午後に石巻の病院に行きました。お見舞いです。狭い部屋に閉じこめられっぱなしは大変。算数のこと、劇のこと、みんなを叱ったことなどなど、いろんな話などしながら、勉強もしながら、一時間以上いました。帰り道、道の駅に寄りました。志津川方面から関東に戻るボランティアさんたち。ありがとうございます。

昨日スルドの値段聞いて驚いて、今調べて、むくりとまた楽器収集欲が目を覚まします。
映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう」(東洋一監督)をレンタルしてきて、お酒飲みながら見ました。永作さんでなくてよかったかな。というのは、永作さんにぴりっとした(いじわる・小悪魔)役を期待しているから。さて酒飲みながら、迷惑掛けずに、死ぬまで生きようと思っているところです。

ウイスキーを飲んだのは、先日YouTubeで田中裕子さんが出ているサントリーCMを観たせいです。ああ、甘酸っぱいあの頃。ま、今でも田中裕子さん好きですが。惚れっぽい私。田中裕子さん、はなさん、蒼井優さん…と連ねると、一貫性がないこともないような。でも、素敵と思う人いっぱいいるんですけどね。

2012.09.23

20120923.jpg古川の夕空(8/29)今日は告別式に参列しました。

石巻の蛇田に向かいます。参列している方のほとんどは知らない方です。まわりの方の話に耳傾けながら、私たちは生き残ったのだと、実感しています。いろんな楽器が奏でられ、お坊さんの他に女性が鐘を鳴らしながら歌うのが、とても切なさを大きくさせます。告別式でたくさんのことを学びました。残された人ががっかりし過ぎないように、死ぬ日まで一所懸命生きようと思いました。故人が別れたくなかったであろう幼なき人たち。頑張って手紙読む姿。支えていきます。みんなで支えます。その中の一人として、頑張ります。

「震災被曝後」は、 まだまだ始まったばかりです。 これからをどう生きるか。 問われている私、 そしてあなた。3.11と同じような地震が起きても、 3.11と同じような津波が来ても、 大丈夫な今。 大丈夫な明日。 とりかえしがつかないことを、 全力で、全員で、なくしていく今です。 後悔で涙するのは、 亡くなった方々に申し訳なくてたまらない。

2012.09.24

20120924.jpg個展(9/15)行き先異なる人を
責めない詰らない
正しさがたくさん
大きい正しさやら
見失われそうでも
亡ぼされない輝き
行き先異なる人を
誘う言葉持つこと
さしのべる君の手
恐怖伴う正しさに
ついていかない。

2012.09.25

20120925.jpg掃除の用意してから百人一首(9/25)TSUTAYAで映画DVDを借りて、一昨日「サヨナラcolor」(竹中直人監督)、今日「たまの映画」(今泉力哉監督)を見ました。原田知世は歳重ねて美しく、たまは制作意欲を喚起させ、どれどれまた明日を迎えられそうだ。

「プロメテウスの罠」を読み連載史上最も関心を持ったのは、広告代理店による情報操作。ああやっぱり!と思いつつ、その「対価」をもっと知りたいと思っています。国政や選挙も広告代理店によるものではないかと考えたりします。

2012.09.26

20120926.jpgスライム作り(9/26)今日の科学クラブは、スライム作りです。ホウサと水と洗濯のりを混ぜて作るものです。作り方・分量を黒板に書きました。ホウサと電子秤の前で渡す私。みんながドキドキしながら水の量を量って混ぜて、ああ科学でしたね。いろんな色ですんごいことになりましたが、まず成功です。

「領土」守って、人々軽んじられる…同じ歴史繰り返さないこと。「私たち」とは、誰かをさすのか。「国防」とは、人を駆り立てて「国」を護ること。「愛する人」を「国家」にすり替える支配者に、抵抗する庶民である誇り。今、再認識。

2012.09.27

20120927.jpg劇の練習(9/27)今朝夢を見ました。どこかの学校。公開授業だろうか。何人かの生徒と山にいて、校舎に戻るのが遅れ、看守のような人に咎められる。その学校の校長から電話。初任のころの私の発言が不穏当との指摘。20年以上前のことを調べたらしい。呆れた。足が砂だらけ。離島に向かう船。相撲取りが話しかけてきた。母からもらった毛糸の靴下が手放せないという。海では腰まで浸かり働く人々。写真を撮る。飛行機に乗り換える。

「プロメテウスの罠」を読んで以来、どの報道も広告代理店による「意図」がはたらいていることを、疑ってしまいます。事実とは。

飼い犬をねこっ可愛がりしている少年。互いに嬉しそうでした。ある日背筋のばして少年を待つ犬。雨に濡れていました。夏終わり冬毛に替わる頃、もこもこした犬。背筋伸ばしていました。少年は犬を可愛がっています。けれども可愛がっているときしか、犬のことを考えていないようでした。

2012.09.28

20120928.jpg劇の練習の後(9/28)今朝の夢はこういうものでした。知らない町の高いところ・空中を移動する。組み合わさったパイプ。電柱の上あたり。グラグラするものもある。緑色のふるいトラック。ボルトが緩んだパイプを握る。トラックの上に足を掛けようとしたのに、移動してしまった。一本のパイプに体委ねるしかないけれど、その緩みがどこで止まるか。あそびがあるのか、そのまま落下してしまうか、分からない。

今日は夕方から教職員組合の支部教研のための会議でした。久しぶりの古川の教育会館でした。小学12年生分科会を準備します。

誰かを非難するために「信じられない!」と言う人を見ると、(あなたは、どのくらい信じられているのですか?)と問いたくなる私。ずっとマイノリティで、ずっと抗い続ける庶民の一人。

若者・青年・少年少女・子どもたち…を、投げやりにしてしまうような「大人社会」。何とかしなくちゃいけないと思っている、私も大人の一人。

2012.09.29

20120929.jpg東松島・大塩仮設(9/29)今日は、休日ですが学校に行きました。学芸会の劇のバック絵を作る予定でいたのです。例によって障子紙を使います。ブルーシートを敷いて、新聞紙を敷き詰め、その上に障子紙。木工ボンドで貼り合わせます。そこに、虹を描きます。そのバックには青空。雲も描きます。ひとまず、今日はそこまで。乾いたところで続きをします。今日のBGMは、児玉奈央さんでした。児玉奈央さんは癒し系。でも、決して過保護ではなく、ワイルドな野生がバックグラウンドにあるんです。ちょっとぶっきらぼうなんだけど、それは信頼ゆえ...ってな感じなんです。ああ、ライブ聴いてみたいです。

学校を出て、東松島の仮設住宅集会所に行きます。久しぶりの学習支援です。今日は、広間をコンサートイベントで使うために、狭い部屋での学習でした。久しぶりではあるものの、いつも通りな感じで過ごしました。新しく参加する小学生もいて、賑やかでした。言葉遊び系に夢中になりました。ああ、楽しかった。「来週も来る?」と期待されると、「うん、来週は来るよ」と即答しちゃいますね。
コンサートを観ていこうかと思いましたが、人がいっぱいだったので、外部の人間である私は遠慮すことにしましょう。「先生、ほら月だよ!」集会所を出ると、東の空にいい感じの月が出ていました。夕方の挨拶を交わしたおじいさんが「こりゃあ大きなバイクだね」を何度も繰り返しました。「はーい。大きいから倒しちゃうと大変なんですよぉ」といつもの応対。

戦争(人を殺しものを略奪することを正当化する行為)をしたい人たち。「敵」攻撃する前、戦争止めようとする人を攻撃する。攻撃は差別から始まる。(あいつらはやられても仕方がない奴らだ)と流布。そして(おまえはあいつらの仲間なのか)と繋がりを断つ。私は、差別されても反戦。抵抗する。

高レベル放射性廃棄物をどこに置くかは、考えなくてはならない課題です。今あるところから高レベル放射性廃棄物を移動させることによる危険性も考えます。とりあえず、処分施設を作ることを考える国会議員の皆さんは、自分の選挙区の皆さんに相談しましょう。地元優先です。

2012.09.30

20120930.jpg劇のバック絵(9/30)今日も学校へ行きます。昨日途中まで作った学芸会劇のバック絵を仕上げるためです。昨日は水彩絵の具で虹を作りました。今日は、そこに2年生のみんなが作った紙版画の人を刷っていくんです。いやはやなかなか大変でした。汗だくになりました。腰も痛くなるしね。暗くなってきて、一段落つきました。

今日のBGMは、東京ローカルホンク。大好きなバンドです。全員が主人公なバンド。汗かいて働いて、たくさんの人の中で生活を営む様子...歌詞も好きです。ライブ後にCDを買ってサインしてもらいました。嬉しかった。「もしも明日世界が終わるとしても おまえは今日の分のやることをやるだけさ もしも明日全てが消えるとしても おまえは花たちに今日の水をやるのだろう」(「いつもいっしょ」...アルバム「いきものについて」より)って歌詞とか、うんと好き。他にもいっぱい好き。

家に帰ってしばらくして、台風がやってきました。台風が来るたびに、来る前とその後、放射性物質空間線量を測る辛さ。きっと来年も、10年後も。夜中に風はかなり強く、浅い眠り。ふと、トマトの鉢が出たままであることを思い出し、申し訳ない気持ちになりました。

ページの先頭へ

今までの日記

今までの日記