2012.12.01

20121201.jpg群読発表会(12/01)声が出ない小学校教員3日がんばりました。本日は群読発表会でした。2年生は「雨にもまけず」などを発表しました。その後学年懇談会。終了後早々に帰宅。お風呂入って、ちょっとだけギター鳴らし、ご飯作って食べて、「別姓通信」112号の編集今終了。昨日一昨日の分のお酒飲んで、ひとまず次に進めそうで、小さい「ほっ」という感じですな。ああこれから何回綱渡りするんだろう。 というか、綱渡りでない日々は、 どれくらいあるんだろう。 落ちたら、 どうなるんだろう。

人間たちのさざめき
文字が行き交う空中
とどめなく叫ぶより
音無く固まる個体に
寄り添う者あろうか
それでも風は吹いている
それでも種は芽を孕み
いつか静かに根を伸ばす

子どもを 叱る。
けれども なじらない。見下さない。
人としての尊厳 教える機会 失わない。
見下された経験 見下すこと学ぶ。
その連鎖を しっかり断つ。
いじめダメと 連呼するより。

2012.12.02

20121202.jpgキャベツ畑の猫(12/02)今日は「共に生きる石巻を作り出す連続講座」の第三回目。北海道の山崎恵さんのお話を聴く日だったのですが、行けませんでした。別姓を考える会の「別姓通信」印刷も会員仲間にお願いして、別姓を考える会の衆議院議員選挙公開質問状回答の整理仕事です。明日に公開しなくては、間に合わなそうなのです。いつものことですが、多忙ですなぁ。疲れているとき聴くR.E.M.、故郷感覚。 ほっとするお馴染の食べ物みたいです。

岩波新書「教師が育つ条件」今津孝次郎著、読みました。学校現場で働く者としては、もう少し切り込んでほしい感じ。著者が、ルポライターではなく研究者だからかもしれませんが。

衆議院議員選挙投開票日が近づきます。まるでSF(スペースファンタジー)のように、かつてはあり得ないと思っていたことが、どんどん為されてしまいそうな不安を抱く日々です。大きな地震が起き、大きな津波が街を飲み込み、原発が放射能を拡散させた2011年。戦争を始める2012年がその続きにならないようにと、願っています。Twitterで、そんな発信ばかりしています。

何かと理由を付けられて 恋人が殴られる。
それを止めることができない。
何かと理由を付けられて 息子が連れ去られる。
それを止めることができない。
何かと理由を付けられて 私の貯金が下ろせない。
未来永劫下ろせない。
それを止めることができない。 戦争。

沖縄の基地問題。選挙でもっと取り上げられるべきです。話題にしないのは、現状容認か。沖縄差別、そのまま放置か。戦争したがる人たちは、軍隊が兵士が闊歩旋回する日常を、どうするつもりなのでしょうか。人住まぬ島より、人暮らす島! アメリカは他国。日本の話をしなさい。

暴力、反対。 武力も反対。
その正義は 本当か。
本当ならば 暴力も武力も いらない。
戦争反対。

学校は、終業式があるからいい。
選挙は、開票日があるからいい。
一年は、大晦日があるからいい。
人生は、お葬式があるからいい。
戦争は、終わりが見えない。
戦争は、始めなければ起こらない。
戦争は、かっこよくなんかない。
戦争は、美しくもない。
戦争は、どろどろ。

相手を否定することでしか
存在できない人を見たことがある。
その人の知識は、新聞の見出しや テレビのコメンテーターのおしゃべりから。
否定されるのを恐れるあまり 相手の話に頷くこともできなくなる。
朗らかな心いつか枯れてしまう。
大丈夫、自分の言葉で話してみよう。

実行力がありそうとは、
それだけでプラス評価になるのでしょうか。
どんな実行をするのですか。
どこへ向かっているのですか。
人殺しは、嫌です。
人のもの、盗みたくないです。
そんな実行、命じないでください。

仕事を奪っておいて
働かざる者食うべからず
というに等しい場合がある。
全ての人には 生きる権利がある。
それは、誰も奪われないもの。

踏み絵踏むこと強要され
嫌な思いしてきたなら
決して踏み絵など作らぬ。
握手する手 待つものではないのさ。

原発が爆発したら避難を急ぐ。 何を持っていくだのあれこれ猶予なし。 脱原発の1つで一致するなら仲間。 どうのこうのと取捨選択引っ張り合いするなら、 被曝被害を拡大させてしまう。 という今回の選挙なのだと思う。

私あちこちで失敗繰り返してきたけれど、
全て準備を完璧にして、
それから一歩踏み出すっていうよりは、
軽はずみなチャレンジはあり。
見る前に跳ぶ、そんな一人。

かっこいい人にはなれず
いい人の柄でなく
美しくも立派でも聡明でもなく
ましてや輝かしいこと何もなく
けれど自分に小声で言い聞かす。
大きい人になろうや。
ちっちゃな大人にならないように。
待てる、聴ける、歩み続ける、
なんぼか大きい人になろう。

2012.12.03

20121203.jpg屋根の鳥(12/03)今日は、1日の学習参観日の振替休日です。昼前にイエローハットに行きました。風邪完治していない身なので、スタッドレスタイヤ脱着をお願いしようと思ったのです。待ち時間に原稿仕事してTSUTAYAで立ち読みして...って思っていたのですが、何と5時間待ち。やめました。家の前で、ゆっくり自分で仕事しました。やれやれ。
ゆっくりお風呂に入りました。お風呂で本を読みました。お風呂でテニスコーツ聴きました。垢を落としました。アキレス腱のあたりがすっきりしました。やれやれ。
別姓を考える会が行った、衆議院議員立候補予定者(宮城選挙区)への選択的夫婦別姓法制化についての公開質問状回答を整理して、ぎりぎりでまた更新しました。
うちでは、ごはんはガスで炊きます。どんと炊いてタッパに入れて冷凍。電気生活になっちゃって恐縮です。今日は8合炊きました。いっぱい炊いて、かき混ぜるのは、とても嬉しい瞬間。幸せの匂い。豊かな手応え。

「最低賃金制廃止」「国防軍創設」「原発稼働」「憲法改正」を訴える政党があるのは、そう訴えると喜ぶ人がいるからです。票になるからです。「信じられない」とか「分かっていない」とか「そんなこと言っていると落ちる」と思いますが、意外とそうではない日本。そのあたりを越えるアクションを緩めないでいたいです。
ワイマール憲法ってどんなふうになくされたんだっけ。ヒトラーの登場のときって、どんな歓迎のされ方だったっけ...と、歴史をおさらいしたい気持ちです。12/16までにちゃんと復習しなくてはなりません。

教室や職場のいじめは誹謗中傷から。
理不尽被る自己責任、加害意識薄く。
治安からの弾圧も同様でまずは悪口。
あいつしょうがないと見捨てるから。
自由平等ひとり一人の尊厳をいかに。
ばらばらにされない、様々な私たち。
賛同しないけれど味方じゃないけど、
孤立する君を見捨てないよ。

橋の近くの家の犬ぼんやり昼下がり。
昨日は少年と散歩してボール拾った。
けれどもきっとこのまんま来週まで。
少年は昼間の僕を知らない。
少年は日曜日だけしか用事がないんだ。
ゲームカセットのようだ。
今日も雪が降り日曜日は遠い。
鎖が雪で見えなくなる。
けれどもそこにあるんだ。

視野は広いほうがいい。
でも、独りでいたら、
広さも狭さも分からない。
だから人と出会い、
確かめるんだ。 発見するんだ。
同じような「仲間」のその外側へ。

2012.12.04

20121204.jpg群読発表会(12/01)谷山浩子さんの声が変わらなくて驚く。 ああ、貸しレコード屋の片隅。 マクセル90分、メタルはとっておき。 あの頃思っていると、尾崎亜美さん。 酸っぱいあれこれが、ぞろぞろ。

自分の物差しは 決して捨てない。
日々反省毎日更新。
魂は、ちょっと頑な。
人の物差し 君の物差し いつも気にしている。
ああ、なんていろいろ。
ああ、知らないことの多さ。
人の数だけ、心様々。 魂ありや。

昔むかし、みんな豊かに暮らしていた。
季節と共に、森から海から恵みを頂いていた。
恵みを分け合いながら暮らしていたが、 蓄える者が現れた。
そして、あれが現れた。
あいつが来てから、世の中が貧しくなったんじゃ。
金だ。貨幣だ。
功罪は延々と続いている。 改めるのは今かもしれん。

2012.12.05

20121205.jpg昼休み(12/05)初対面の少年をタクシーで学校に送るけれど、その学校の手前に私の職場がある。どのようにタクシー代を払うか。辺りは、一面の雪。静かな丘陵。原町に向かう。亘理を通過。飛行機かもしれない。運転手には英語で話す。という夢を見ました。

今日は、教職員組合の地区の集まりでした。いつもの顔ぶれでここのところのあれこれを語らいました。

あらかじめ賛同してくれる人の前
間違いなく頷く人だけに向かい 声を荒げ勇ましく吠える。
割れるような拍手嵐 感動に魂揺さぶられても
その部屋の外では 風吹いてないよ。
その部屋の外では いつも通りの犬のお散歩さ。
いろんな人に出会うこと。 話聴くこと。 自分の言葉持つこと。

今夜は近所の牛たちがよく鳴いています。
オリオン座がいい気になって輝いて、
ムクドリたち、どこで夜を明かしているやら。

2012.12.06

20121206.jpg小牛田駅前(12/06)今日は、生活科の学習のために、みんなで隣町までお出かけです。わっくわくです。学校を出て、歩いて駅まで。これだけでも興奮できる非日常です。行きは駅で私が切符を買いました。まとめて買う様子も見てもらいます。学習です。ホームに行って、石巻線小牛田行を待ちます。乗車して、わくわく。車窓を見ながら、ああたくさんのことを学ぶのです。
隣り町に着いて、駅の様子、駅前の様子を見学します。ぐるりとお散歩学習です。お豆腐屋さんの前にどっさりおからが置いてあり、湯気立てていました。商店街の空、鳩がぐるぐる飛んでいました。一羽だけ遅れている鳩がいて、みんな声援送りました。ああ、学ぶこといっぱいです。駅に戻り、今度は一人ひとり自動販売機で切符を買います。ああ、ドキドキだったね。子ども用の切符は半額なので、大人が買うよりも手続き難しいですな。
そして渡波行のジーゼルカーに乗りました。実は、明日この隣町に転校する仲間がいるんです。お別れ旅行でもあったのでした。帰りの車窓から「あそこが今度行く学校だよ」って指さしたりしていたのでした。駅で降りて、学校まで歩いてちょうど3時間目が終わる時間でした。ああ、ちょっとした時間なのですが、教科書に書いていないこと、たくさん学んだはずです。昼休みは、この頃流行っているジャングル鬼。ああ、一人でできないよね、仲間いてよかったよね。

理不尽だらけの現代に暮らす私たちは
不幸である ということができる。
理不尽だらけではあるが
何らかの表現手段を持つ私たちに
不幸中の幸いは、当てはまるだろう。
理不尽だらけだけれど 表現手段を持ち
みんなでこれから理不尽を解いていく私たちは
幸せ者とも言える。 これからの幸せ。

今朝も近所の牛くん、何か言っている。
牛くんたちではなく、 あの声は、一人の牛くん。 人じゃないけど。

政治家のブレ加減
とやかく責任転嫁
偉そうな人信じず
それよりも自分は
自分はどうなんだ
委ねずに歩むこと
選挙には行くこと
悪い人には投じず

私、決意する。 全ての人の味方になる。
だから、決めた。 全ての地位や権威の敵になる。
人は、人として 生きよう。

2012.12.07

20121207.jpgプレゼンター決め(12/07)今日は、2年生の一人が隣町に転校する日です。みんなで書いた手紙は本にしました。それをYくんにプレゼントしました。Yくんも一緒に作った本。世界に一冊だけの本。Yくんからはみんなにプレゼント、一人ひとり前に出てきて、もらって握手。今日覚えた歌「今日の日はさようなら」を歌いました。ああ、ずっとずっと友達でいてくださいね。

放課後、地震がありました。暗い中、体育館とプールを点検に行きました。崩れ落ちているところはありませんでしたが、冬のプールがぽちゃぽちゃと波打っていたのでした。

空気を 読む人にならない。
風を 起こす人になる。
種は風に乗り いつか芽を出す。
花咲かす。 たくさんの そよ風。

たまには めげる。
自分を責めて くよくよして
陰口気にして
そこまで言わなくてもいいのにと
食欲落として でも、呑んで
絡んで悔いて また、責めて
理解者なんて 誰もいないさ
と思うことは ある。 よく、ある。
けれどもそういうことを何度も
何とかきっと乗り越えている君。

教育基本法改悪反対と 独りのぼり挙げた頃 個人の意思表示の無力感 少し感じた。 イラク戦争反対と ジャンベ叩く冬の街 評論家ばかりの城内平和 繋がらない手のひら とても寒かった。 でも、冬芽開く。 とんでもないひどいことを 人間はそのままにしない。 ああ、仲間がますます広がる。

せめて柔らかい言葉を持たないと
乾燥し切ってカチカチになるから
ハンカチちり紙柔らかい言葉
ポケットに入れて行ってきます。

2012.12.08

20121208.jpgOさん(12/08)12/8は、日本が戦争を始めた日です。 当然勝つつもりで始めたという歴史。 どれだけの人が苦しみ続けているか。 終わってしまった・収束した過去ではありません。 そして、ジョンレノンさんが殺された日でもあります。 どこだったか思い出せないけれど、 どこかの路上で聞いた感覚が残ります。寒い日だった。
そんな12.8、仙台の戦中派・Oさんを囲む会でした。先日の脱原発デモのとき「生前葬をしますから来てください」とちらしをくださったOさん。いつもいつも闘う仲間を支えつつ、先頭に立つOさん。私は、会場の戦災復興記念館に急ぎました。行く途中に、仙台市市民活動サポートセンターで、よしだよしこLIVEちらしを印刷しました。
Oさんの話を聴き、いろんな方のお話を聴きました。満州出身の人の話も聞きました。 私が生まれるほんの20年前のこと。私が知らないこと、たくさんある。ネットでささっと見るのではなく、直接ご本人から聴くことは、大切。そして、私はふるさとを思います。 自分と自分につながる全ての人の暮らし、歴史、そして今。ふるさとって大切です。
私も話しました。久しぶりに会う方もいました。人と人のつながりには、人がいるんだなと感じました。Oさんに初めてお会いしたのは学生時代でしたから、もう30年近くのお付き合いです。感謝です。たくさん学び、それを伝えていくこと。心した今日でした。

地震はもうたくさんだ! と、昨晩感じつつ
地震は止められない人間。
けれども、 人間は、原発止められる。
人間は、戦争止められる。
残念なことに、 放射能止められない。
放射能の拡散事件は、もうたくさんだ!

お金がなくなったから 人から奪う。
そこに正義は、ない。 けれども、
「悪者」を作り 「正義」を作る人たちがいる。
石油のために 子どもを殺す国がある。
その国の命令に従う国がある。
お金がなくなったから 人から奪うこと
そこに正義はない。 戦争反対。

テロという言葉の発明は
戦争したい人たちを喜ばせただろう。
テロという言葉をかざされて
戦争反対プラカードおろした市民もいただろう。
私はテロに屈しない。
私はテロリストという言葉にも屈しない。
私はテロという言葉攻撃に希望を見出す。
言葉には力がある。 私は言葉に希望を持つ。

ちりちりと
差別が日々に散りばめられ
知らぬうちに 血となり肉となる 子どもたち。
人殺しはいけないこと
そして死刑を求刑する 大人社会。
子どもたちをかわいそうとは言わない。
大人たちもちょっと前の子どもたち。
責任転嫁せず
目の前のひとつずつ
ちりとりにひとつずつ今。

労働運動って労働者が生きる権利を奪われないため。 会社経営悪化が労働者への賃金に悪影響及ぼすから 会社を守ることが第一…ということない。 平和って人が人として幸せを追求しつつ暮らすこと。 国家経営悪化が住民生活に悪影響及ぼすから 国家を守ることが第一…ということない。

議員削減が市民のためならば 本当にそうなら 何人まで減らすの? 「実行力」のためならば 国会議員は、一人だ。 「実行力」のためならば 参議院も廃止だ。 「実行力」のためならば 考えることもやめよう。 困ったときは、あれだ、 じゃんけんがある。 ああ、民主主義とは。

昆布漁師だった蘭泊のおじさん
一度も昆布買わなかっただろう。
夕張の炭住には馬そりで石炭配られていた。
砂川のおじさんひょっこりやってきたのは 国鉄マンだったから。
お金なんて出すはずない。 作り上したのは自分だ。
お米農家が、人が育てたお米を お金で買う残酷。
人の誇りを。

頑張らなかった人は死んでいって仕方ない...みたいな発言を、
世襲政治家から聞くと嫌な気持ちになります。

戦争に賛成するとは
あなたのお財布と貯金を 政府に委ねるということ。
言うまでもなく、命も。
自分だけでなく 全ての人の命を 政府にあげちゃうということ。
私は、戦争反対。

平和は追求するもの。
あたりまえに存在しているわけではない。
平和に暮らす権利。 こつこつと試行錯誤しながら積み重ね。
戦争していいよと 平和憲法なくていいよと
権利放棄したなら あたりまえな日常 即座に消える。
国家のための駒の日々。
傷つけられても 奪われても 御國のため。
若い頃はびくともしなかった
というわけではない。
けれども、年を重ねて
びくとする場面はきっと変わっている。
という気付きに、少し疲れている。

ああ、土曜日・日曜日があってよかった。 休日は、大切だ。 休日を過ごすという人権。 しかしながら、私の神経は やらねばならぬ勤務時間内に できないあれこれを巡らせている。 その一方で、頑なに そんなことできっかよ! と突っ張る正論もある。 とりあえず、休日あってよかったと思う。

でこぼこ道でよかったんだよ。 アスファルトが覆ったものは、 土や草だけではなかったんだ。 地球は息をして汗をかくんだ。 あちこち覆い覆われた私たち。 息も汗もため息も生きる証さ。 覆われていない自由はどこか。 どこか分からなくなって探す。 それ今の私たちのでこぼこ道。

誰かは どうでもいいさ。
自分の 自分の幸せはどこさ。
でも、 自分だけじゃ幸せを
作れないようにできているんだな。

よしだよしこさんLIVE・宮城県遠田郡涌谷RITZ 12/23の準備しながら、わたしゃやっぱりミュージシャンレベルにはなれんかもねぇ〜と感じています。となると、お絵描き。お絵描きワークショップとか、お絵描きLIVE、できるといいな。よしだよしこさんを 聴いている夜。 芋焼酎を読谷焼きに注ぎ、 お湯は半分。 外は雪か。 さっき輝いていたオリオン座。 馴染の輝き。 ずっとずっといつもありがとう。

2012.12.09

20121209.jpgジャングル鬼(12/07)今日も仙台に行きました。「僕が見た福島市」福島市高校教員Aさんのお話会(主催わかめの会、ぶんぶんカフェ 共催エネシフみやぎ)です。)参加してよかったです。たくさんの参加者でしたが、もっといろんな人に福島のAさんのお話を聞いてほしいと思いました。

道具が好きです。例えば、写真を撮る道具、カメラ。丸くないフォルム。プラスチックじゃなくて金属。かつてNikonFT2のカタログ凝視する日々。父さんに、発売したての、しかもBlackのFM。しかも50mmはf1.8じゃなくてf1.4。買ってもらったときの感激忘れない。
道具が好きです。例えば、移動するためのバイク。高校生の頃、同級生がYAMAHA RZに乗ってた。HONDAのNVに憧れてた。初めて買ったのは、SUZUKIのマメタン。その次YAMAHA serow225(オーバーフェンダー付)。何台も乗り継いだけど、動かぬserowとはまだ一緒。
道具が好きです。例えば、ギター。使う分には軽いもの。でも、見た感じにはカッコいいもの。憧れるのは、グレッチのホール付いていない真っ赤な奴。色から入ること多い私。ちなみに人は声に魅力感じること多い私。Gretsch G6131TVP Power Jet Firebird
道具が好きです。例えば、車。かつて、三菱ランサーGSR。または、日産ブルーバード。ラリー仕様でボンネット黒で、ライトいっぱい付けた奴。ラジオ選局にボタン押すの嬉しかった。いすゞ117クーペには、今も憧れる。三菱のΣやΛ。丸目の日産シルビア。走ってるの目撃で興奮した。
道具が好きです。と、あれこれ思い巡らせていて、機能美としてのフォルム、触った感覚のこと考えていました。美しい無駄は、失くすべきじゃないってこと。フォルムだけでなくて、時間もそうかもしれないです。美しさって、何だろう。考え続ける日々。正解誰かが持っているわけでなく。

戦場には誰が行くの。
戦場のその先頭には。
戦場からいつ帰れる。
恋人待ってるだろか。
何人殺せば帰れるの。

もしも国会で戦争すること決めたなら それは民主主義というのだろうか。 子どもたちを兵士にすることを 学校教員は担うのだろうか。 よい兵士を育てて表彰され その逆なら指導力不足か。 あなたは何に従うか。 それは、今日のこととして。

2012.12.10

20121210.jpg握手(12/07)「迷惑防止条例」って、よくよく考えると、すごい名前だと思います。私の平和を守るために 拳銃を持つ権利。 私を拳銃で撃つかもしれない人から 拳銃を奪う権利。 私の平和。私だけの平和。私の国を守るために 国を奪う権利。 私の国を奪うかもしれない国から 国を奪う権利。 私の平和。私だけの平和。悪口政治は、もう嫌だ。 悪口社会も、たくさんだ。 陰口世界は、やめてくれ。 先生、政治家、大人たち、 みんな言うんだ。 いじめストップ。いじめやめよう。 いじめのない社会。 ああ、学ぶこと多し。

「子どもたちのため」 あらゆる立場の あらゆる場面で よく使われる言葉です。 「子どもたちのためだから」 と言われると 背くことが難しくなります。 検証される術なく、よく使われる 「子どもたちのため」。

2012.12.11

20121211.jpg町探検(12/11)今日は、生活科の町探検の日です。グループごとに、お店を訪問してインタビューをしてくるのです。花屋さん、呉服屋さん、写真館さん。4つのグループで2箇所訪ねます。基本的に、引率というよりは「自主研修」。2年生のみんなが「こんにちはー!」と訪れます。私は、交通安全の時間調整係。ああ、たくさん学びましたなぁ。感謝感謝です。お店の皆さんに、そして感動させてくれたみんなに。

勝つか負けるか どちらしかない。
生きるか死ぬか どちらかならば きっとがむしゃら。
何でもするだろう。
殺されるくらいなら ひどいこと悪いこと きっとがむしゃら。
ことに権力争うなら 生きるか殺されるか。
政治家選挙 殺されずに 市民に希望を。

いろんな考えがあるから、 揉めるんだ。
いろんな発想があるから、 まとまらない。
だから、 いろんな考えを禁じ
いろんな発想をさせなければ みんな仲良くなれる。
と、訴える政治家 本当にいるか。

ミサイル関連報道多い。でも、日本海の向こう側の原発についての報道はない。福島県外でも被曝する。県境関係ない。同様に国境も関係ない。互いに。
普通とは、無数にある。それぞれの普通を認め合う豊かさ。こと家族制度に関心抱いてきた者としては「日常の普通」の多様性失うことは、危惧。さて、政治命題。ふつうの国とは如何に。そして、普通を目指すことは、真であろうか。如何に。

私は、 日本国憲法を遵守することを誓いました。けれどもそれは、政府の施策に服従することを意味しません。ましてや、知事や社長に異を唱えないということでは決してありません。

伝わる言葉を持つこと。 届く言葉を使うこと。
とかく自分を酔わせるだけの言葉。
あたかも知識豊かそうな専門用語。
相手罵倒するための汚らしい言葉。
聴く身になるという基本形忘れず。 ああ、それにしても

2012.12.12

20121212.jpg町探検(12/11)差別だらけの世の中で 「いじめ」だけを抽出するって どういうことでしょう。 「差別禁止」と取り締まり強化 「いじめ禁止」の罰則強化 と、監視体制強くして 幸せになるのでしょうか。

気をつかい つかいすぎたら 底を尽き

深夜 布団の中で耳澄ます。
何も音がしない音。
それは 全ての人が安らかに眠る音だ。
と、思いながらも 音を探している耳。
音を求めている私。
県道を 車が一台走っていく。
なぜかほっとする私は 布団の中だ。
運転手は、布団の中ではないのに。

2012.12.13

20121213.jpg町探検(1 町探検(12/11)通信簿季節真っ只中です。こういう季節は余計なもの、食べちゃう傾向にあります。

振り返り自己嫌悪に
己焦がす炎 されど励ますも己
ペダル踏みし峠 九十九折に下り坂恋せど
ブレーキだらけのスピードに恐怖し
旅から戻りし畳 漂泊の異郷にまた憧れている

あなたのことを恨みながら
あなたを睨みつけながら その親子が死んだ。
という場面が離れない一生 を送るということ。
あなたのことを恨んだまま あなたを睨みつけている
その親子を殺したのは、 自分なのだ。
と、 誰にも打ち明けられない事実 背負い続けること。
戦争反対。

殺せと命令されたから殺しただけ。
私に罪はありません。
ただ言われてやっただけのこと。
もしも何か言うなら上司に言ってください。
私、言われてやっただけのこと。

いつまでもあると思っている。
電気、水、ガソリン、食糧、
お金、 友だち、時間、休み、希望、未来。
突然失うこともある。
けれども、生きていく。生きていける。

忌み嫌われ 排除されて
見下された 経験重ねて
それを糧に できるか。
なびかずに 自分の存在
怯まず歩む そのままで そのままで

国家的視点で 敵味方を判断すること。
沖縄で、アメリカは敵か味方か。
または、市民的視点か。
福島で、日本は敵か味方か。
あなたを守ってくれるのは 国家か人か。

昔からお世話になった先輩を 解雇せざるを得ないという 小さい企業の資本家の痛み。 漂う風景への評論よりも 具体的な人々の暮らしに きれいごとなく向き合う しんどさ。そこへの本気。 政党選ぶよりも さあ、自分の立ち位置さ。

何となく外に出て
ごろりと寝転び 空見上げた。
流星群の噂話。
視角のぎりぎりで流れ
すっきりしないところで雲。
部屋に戻ったからと 流れるわけでなし。
人間、小っちゃいよ。

悪口は、だいたい ちゃんと伝わるもの。
褒め言葉は、なかなか 誤解曲解うまくはいかず
下心だらけの人間社会。

2012.12.14

20121214.jpg影絵 影絵(12/14)今日は、図工の時間に影絵作りをしました。冬は日差しが教室の奥まで伸びますから。みんなで楽しんで、すぐにお持ち帰りです。

体育を終えてから、2年生のみんなにムクドリとヒヨドリを説明しました。ちょうど校舎に戻るところで群がいたためです。ある子の気づきました。「鳥って、渋柿でも食べるんだね」なるほど、君に言われなければ気付かなかったよ。

夕方は、大崎市古川の脱原発デモに行きました。20名弱の参加者で和やかに。ジャンベ2つ、ケンケニ1つ、毎度叩いていただき、感謝です。

12/14と言えば、室蘭本線蒸気機関車C57現役引退の日でした。47歳の私が小学生の頃のこと。蒸気機関車もさることながら、自動ドアでない扉の木造客車がとても懐かしく思えますなあ〜

「戦闘員」「兵士」と「駒」。
どれも「私」ではいられない。
戦場から携帯メールできない。
戦場では安心安全決してない。
けれども戦争始めるリーダーは
きっと暖かいところで眠るさ。
きっと誰が死んだか知らぬまま。

奴隷 ですか、あなた。
と問われたとき、 奴隷
ではなく自由人ですと、
あなたが言えるかどうか。

国民主権。 あなたは、 国家の主権者です。 「え?」と驚いたり。

「サービス残業」という言葉やめましょう。 「サービス」なんかしていません。 それは、単なる「ただ働き」。 または、個人の時間への侵略。 とりあえず 「サービス残業」という言葉やめましょう。

2012.12.15

20121215.jpg集会所(12/15)今日の東松島仮設住宅集会所での学習支援にでは、算数の後で、カラー筆ペンで毛筆書写を楽しみました。毛筆木札の百人一首を書写。またやりましょう。Rちゃん、とっても上手でびっくりでした。

差別をなくすとは システムよりも
あなたが私が ちゃんと出会うこと。
ゴールなき営み。
でもね、そんなあれこれを
子どもたちが見ていて きっと繋いでくれる。
果てしない一歩一歩。
さぼったら裏切ったら
すぐに差別の荊が未来を覆うのだ。
あなたのちょっとしたこと一つずつ。

安倍晋三総裁が老人の席に座り、老人に叱られるも、目をつぶり続けたという報道。興味深いです。

みんなで決めたことだから に弱い。
みんなもやってるよ にも弱い。
それは、君だけだよ
に負けてしまって 戦争の道。

拉致を許さない! と言って、 家族から、職場から、恋人から、 若者を奪い、 生きて還ってこれるか 分からない場所へ、 人を殺すことを命じられるところへ、 送り込むということ。 拉致とは?。 戦争につながる「勇ましさ」を 危惧する。「北朝鮮の挑発」 という言葉 説得力がありません。 「挑発」しているのは 誰ですか? 何のためですか? 誰のためですか?

日の丸の小旗と 万歳で戦場に 我が子を、教え子を、恋人を、 送り出すとは。 そのフォーマットの作者は。 その第一回目は。 その報じられ方は。 調べたくなったのは、危惧するからです。

戦争をしたがる人たちが 日本国憲法を変えようとすればするほど 日本国憲法は戦争を止めていることが分かります。 戦争を縛っているのです。 戦争を封じているのです。 結び目緩めたり、箱の蓋開けたら、 略奪人殺し疑心暗鬼の亡霊が拡散してしまいます。前回の衆議院議員総選挙では 「国防軍」なんて、 誰も言っていなかったし、言えませんでした。 言える環境を許してしまっている責任感じます。 政治は、 職場・家庭・市井にあり。 国会は「最前線」ではないです。

戦争をしたい人たち 仮想敵国談義好き。 実際に戦闘開始したら みんなに 戦争の酷さばれるから。 ばれても文句言わせないため 戦争をしたい人たち せっせせっせと整える。 けれども、 私は許さない。 戦争反対徹底抵抗。 まずは、投票いきましょう。

政府が戦争決断したら
殺されても民主主義
殺したって民主主義
ご指名受けたら万歳か
いつ帰れるか どこへ行くかも 分からない
お命頂戴いたします
携帯持ってはいけません。

飢餓 心の飢餓 バラエティ番組の収録笑い声で かき消される。
同時代ということ。 収束宣言から1年。 どんな希望が見えているか。

「あたらしい憲法のはなし」青空文庫で読めます。ぜひ読んでください。作ったのは、文部省です。

空に解かれた放射能
虫網でも掃除機でも
ブルトーザでもミサイルでも
誰も抑えることできない
誰も勝つことなどできない
浴びないように 吸わないように
防ぐだけ逃げるだけ
そんな原発まだたくさん
まだまだたくさん
もうたくさん
南相馬市小高に行ってごらん 危険だけれど。

兵役拒否の思想を考えます。「非国民」と言われても痛くないです。けれど「卑怯者」ならちょっと凹みます。仕事を放棄し避難をする判断を考えます。津波てんでんこを思います。集団に責任転嫁しない自己を持つということ。強くなろうとすると、無理が生じる。柔らかく、大きくなりたいです。ああ、まだまだ経験不足。歴史から学ぶこと。 たとえば水木しげるさんの マンガを読んでみよう。

10代だった私は、20歳の夏に下北一周徒歩旅行に出たのでした。あの旅があるから今の私があり、「百年語り」があったから、あの旅があったのでした。人恋しいゆえ一人旅 そんな思春期半世紀。悲しみや悔しさは、 消しゴムより修正ペンより 上書き保存。 新たな一歩が、 昨日を過去にしてくれる。 昔話の切ない懐かしさよ。

予想とは全く違う結果が 来る。いや、来ることはない。 作る、が正しい。 他力本願ではなく、 手足使って、作るのだ。 まだ、何も決まっていない。 まさに、未来がある。
休みながら、即理解求めず…私も、いろいろ苦労重ね、生き永らえています。美味しいものちょっぴり食べ、好きな音楽ゆっくり聴き、動物植物天体に癒やされ続ける私です。いっぱい傷つけられ、自らこそ傷つけましたが、年齢重ねて、それらも糧と思っています。まだまだですが。

日本の学校では、日本語を国語と言う。 他国では、どうなんだろう。 とりあえず、アメリカ。 まさか、Englishではあるまい。

2012.12.16

20121216.jpgピアノの二人(12/12)今日は「女川原発廃炉を求める住民の会懇談会」に参加してきました。大崎市鹿島台の公民館に、大崎市鹿島台・古川・涌谷町・美里町・仙台市泉区・宮城野区・栗原市・石巻市河南などから、住民の会の皆さんが集まり、情報交換・今後への討論をしました。真剣な討論でした。ちなみに今日は「収束記念日」です。

学校で地震。夕張の校舎。壁が崩れる。携帯電話が鳴る。知らない子どもから。その友だちが無事かと聞かれる。分からないと答える。イライラする。別な場面。都会のマンションで揺れる。海が見える。大きな船が建物を壊す。反対側では、駅舎が壊れる。壁が落ち、階段が現れる。降りて逃げる人。カメラを探すけれど、電池ばかりだ。それどころではない。持って行くべきものとは。人影。若い父さん母さんおじいちゃんが、保険証を探している。俺の家だから勝手にあさるな!と怒鳴る。父さん母さんおじいちゃんお構いなしに、登記探している。イライラする。という夢。地震の夢を見た後、日常にランディングするまで、少し時間がかかる。心の傷を自覚する。恐ろしいこと、辛いこと、奥のほうにしまっていたんだ、自分。

日本国憲法は 権力の横暴を 規制している。 かつて権力が 侵略戦争をし 他国自国民が 傷つけられた。 だから反省し 憲法ができた。 規制緩和なら 権力の横暴が 繰り返される。 国防軍許さず 平和追求する。 私は戦争反対です。
命守ることに、まじめであること。 ましてや、子どもたちの命。 周囲に同調しないと嘲られても おかしな奴と見下されても 相手にするなと陰口叩かれれても 命守ることに、まじめでありたい。 だから 放射線被曝を無視しない。 君が代に忠誠誓って起立しない。 孤立する人見捨てない。
普通選挙という権利。 選挙権を奪われたとき、 きっと痛感する。 権利を行使することが 権利に血を通わせる。 放置された権利は 権力がこっそりと都合よく ポケットに入れたりゴミ箱に放ったり。 選挙権のある人は、行使してください。無投票は、ボイコットにならない。 それは、意志ではなく、 ただの、全権委任。 投票に行きましょう。

世の中なんて、ころころ変わる。
政治家なんて、もっともっとだ。
そんな中にあって信じているのは、
ばあちゃん教えてくれたあれこれ。
世の中なんて、ころころ。
けれども、人や季節は変わらない。
ああ
弦の音に魅かれるのは 昔々、虫だった記憶。

何度も何度も 繰り返しいろいろと
あちこちで様々に 孤立無援。
トラウマだらけさ 慣れるはずなし。
越えてきたあれこれ 全部糧にしよう。
死ぬまで終わりなし。
死んでも繋ぐ明日のためのこと。

NHK選挙速報、すぐ安住淳出る。猪瀬のテロップも。でも、絶望しないよ。ま、想定内でしょ。負け惜しみじゃないけれど、議員数をもっともっと多くしたほうが、民主主義だろうなーと感じます。ま、変わらず粛々と、人々庶民の権利奪われない殺されない営みを、するだけですな。さあ改憲阻止の闘いが始まるよ。 意見を異にする人の中で、 どのように伝えるか。 それが、課題になります。 投票率100%なら がっかりするけど 意志示していない人 いっぱいいるからね。もう国政が手の届かないところにあるわけじゃない。あきらめない。所属政党で見切らない。まだまだ訴え続けること。だって、諦めたら終わりですから。みっともなくも諦めないのだ。

国家、集団、組織に個人が支配されないこと。 その上で皆さんに呼びかける戦争反対。 誰かに責任転嫁も権利委譲も決してしない。 自分の命を誰かに預けない。自主自立。 人々個人を護る日本国憲法。これは前提。 支配する人の好みにいじられてなるものか。 選挙なんかに命委ねない。

負けを重ねることと 負け慣れすることは 全然違いますからね。 良い経験を明日に繋げられるかどうかが その人の人となりに関わることでしょう。 負けた人たち、今日を忘れないことです。

開票速報の合間にトイレに行きつつ、そっちの部屋に我が小さき子がいないことを幸いに思いました。子どもほしいのにできなかった私。でも子どもいなくて辛い思いしなくて良かったと、思ってしまった罪深さ。この選挙結果を、私につながる全ての人の不幸せにせぬよう、ひとつずつ歩むことですね。

2012.12.17

20121217.jpg影絵(12/14)大地震に乗じて という歴史から 学び直す今夜。 生き抜くということ。 変わらずに表現する。 戦争反対。戦争したくなるような そんな出来事をきっと 準備している人たちは 世論を操作したいけど びくびくおそるおそる だから監視する私たち 警笛鳴らし抵抗せねば いつかではなく今から。

戦争が始まっても、 いやむしろ始まったなら、 この国では、バラエティ番組が笑やまないでしょう。 いや実は、もう始まっているのかもしれません。

2012.12.18

20121218.jpg南郷の朝(12/07)山形の奥のほう。突然海。スキー場のようなサーフィン場。クラゲの写真撮っている途中、シャッターの故障。帰り道の列車は紅葉の中を行く。降りた駅、知らない町。若い駅員は鮎釣り誘う。国道を歩く。バスに乗るべきか。という夢を見ました。

選挙で落選した皆さんのこれからに注目したいです。議員にならなければできないこと。議員でなくてもできること。同じ方向に向かうなら、手を繋ぐ人、きっと少なくありません。傷つくこと多々あったことと思うけれど、支持した人、志同じ人、みんな同じように同じ時代を歩んでいるのです。

弱いものいじめ 小さいものいじめ
正しいと言い始める人 現れる。
ひとまず 弱いものいじめ 小さいものいじめ
仕方がないと言い始める。
見落とさず、異議唱えよう。
未来も 運命も 明日も 希望も
誰かに決められてたまるか。
負け続けても 決して負け慣れなんかしない。
あきらめないから 悔しい 苦しい 腹立たしい。
やらされ人生 生かされ人生 なんかじゃないから
夢みるだけではなく 荒野に踏み出すのだ。
決意なんかいらない。 日常のこと。

2012.12.19

20121219.jpg糸電話(12/19)今日は、みんなで糸電話を楽しみました。書き初め硬筆のお手本の文章に「糸でんわ」があったのですが、経験したことがない人が多かったからです。何となく知っているのと、やったことあるとでは、大きく違いますね。

少年の頃 大人は迷わない って、
思い込んでいたのは なぜだろう。
40代後半 世界の広さを 知るばかりだ。

2012.12.20

20121220.jpgローズウインドウ(12/20)ある方から2年生のみんなに「ローズウインドウ」のプレゼントがありました。みんなへの感謝のプレゼント。みんなが空にかざしている姿もまた美しいのでした。

戦争は、こっそりやってくる。
でかい顔して玄関からは来ない。
戦争は、あなたの耳から入る小さな種。
水を吸い上げぐんぐん伸びるジャックの豆。
戦争は、猜疑心の蜘蛛の巣が
あなたの空を覆い、
ひとり一人がこつこつ進めるもの。
政治家なんかそれを煽るだけだ。
責任転嫁せず、戦争反対。

日々の小さい暴力たち
それらをつい許してしまうこと。
陰口やら無視やら嘲り
小さな積み重ね積み重ねが
きっと戦争なんだ。
代表的悪人など所詮代表で、
私やあなたの中の何者かが
粗末にしてしまった良心や優しさに
ため息つかれる夜。
こつこつと戦争が始められるのだ。

2012.12.21

20121221.jpgふれんど(12/21)今日は、2学期の終業式の日です。2年生Fちゃん、今日転校です。寂しくなります。先日のYくん同様に本を作りました。Fちゃんは、Yくんと同じにしたいと、みんなにプレゼント。愛の告白なんかあって、ああほんわかにぎやか、素敵なひとときでした。ずっとずっと友達でいてくださいね。ああ、寂しくなります。

夕方から、松島で職場の忘年会でした。僕はいつものように電車で行きました。飲んで語らいました。語らわないと分からないこともあるものですね。

私の中の愛しくもない 邪心たちよ。
その人間らしさとも言える弱さを
漂白することは きっと根っこを細くする。
だから くよくよ迷い いらぬことに気を使い
堂々巡りに辟易しつつも
私の中でなるべくならば慎ましく
お守りのように見守っておくれ。
かっこつけた正義より 信じているよ。

戦争とは、疑心暗鬼。
疑心暗鬼は、戦争の始まり。
心を開く、一人目になろう。

2012.12.22

20121222.jpg学習支援(12/22)松島のホテルで忘年会をした翌朝です。8人部屋の朝です。私はいつものように早朝に起きます。まだまだ暗いけど、夏至に向かう出発。露天風呂にゆっくり一時間浸かりました。ああ、海だねぇ。贅沢だねぇ。みんなが起きなさそうなので、朝食を一人で食べることにしました。食堂に行くと、前に同じ職場だったO先生がいて、お話しました。お会いできて、とても嬉しかったな。

ホテルを出て、朝仙台をぶらぶらするかと思いましたが、家に帰りました。やることいっぱいありますからね。午後には東松島仮設住宅集会所で学習支援。明日のよしだよしこさんの涌谷LIVEの準備あれこれ。
蒸気機関車の汽笛が聞こえます。石巻線のC11です。 宮城県大崎市松山でも聞こえるのね。ま、汽笛鳴らしすぎですが。

私は悪くない。 言われたからやっただけ。
私も悪くない。 何もせず見ていただけ。
私は悪くない。 いつだって私は悪くない。
そして人間は、 難しいこと考えることを
止めてしまったとさ。 おしまい。

美しい戦争 なんてない。
美しいいじめなんてないのと 同じこと。

2012.12.23

20121223.jpgよしだよしこLIVEみやぎ涌谷RITZ(12/23)今日は「よしだよしこLIVEみやぎ涌谷RITZ」の日です。昨晩岩手の大槌でLIVEだったよしだよしこさんは、東京に戻る仲間(中川五郎さんたち)と東北道で南下するとのことでした。僕は、車で東北道上りの長者原SAに行き、そこでよしだよしこさんに会うことにしました。田尻の道を走り、築館へ。そこから東北道へ。長者原SAでお会いしました。遅刻の私でした。遅くなってごめんなさい。中川五郎さんたちの車に手を振りました。

さて、夕方からのLIVEまで時間があります。車の中で相談しました。そして、津波被災の様子を見るために石巻に行くことにしました。古川インターで下りて、とことこと走りました。涌谷のLIVE会場をちらりと覗き、石巻へ。ラ・ストラーダでLIVEをしたことがあるよしだよしこさん。あれこれとお話しながら、行きました。日和山に登りました。ちだ原人さんのところを通ったとき、とても嬉しそうでした。

石巻から涌谷に戻り、美容室に寄りました。待っている間、私は車の中で「投げ銭」箱を用意したりしていました。私の車を見て、2年生のKくんが来てくれたりしました。宿に行ってチェックインをしました。
そして、LIVE会場の涌谷RITZへ。東京・一関のSさんが駆けつけてくれました。東京の教員UさんとOさんも到着しました。会場セッティングなどしているうちに、お客さんがどんどん来ました。夕方空、大きい雪が舞ってきました。

セッティングして、前座で私が歌いました。加美のТさんにジャンベを合わせてもらいました。ありがたかったです。前座ですのでオリジナルは歌わず、「歌えバンバン」歌いました。歌っている途中でブレーカーが落ちました、いやはや。地震の日のこと話して、宮教組編の震災記録本(明石書店)の宣伝、その中に書いたことに関わる歌「いかれたBaby」歌いました。そして今回のスタッフや来てくれている子どもたちの紹介をして、学芸会で2年生が歌った「にじ」を歌いました。お時間ありがとうございました。

そして、よしだよしこさんLIVE。私は、途中でカホン叩かしてもらったり、写真撮ったり、子どもたちの相手したり。とても暖かなひとときでした。雪の中にも関わらず老若男女40名の皆さんで満員御礼。他県遠方からの参加者、地元小学生による花束&笹蒲贈呈などなど。よしだよしこさん、そして参加してくたれ皆さん、また会場のRITZさん、ありがとうございました。

会場の片付けをして、雪の中、打ち上げ会場へ。ここでもいろいろおしゃべりできてよかったです。私は、今回は運転手なのでノンアルコールでした。全て終えて家に戻り、ほっとして少しだけお酒を飲みました。とてもとても心にしみました。

2012.12.24

20121224.jpg今日の絵(12/24)小さい甥っ子雪の屋根からジャンプする冬休み。軒下大きなモーターひっくり返る。モーターにアルコール。軸から漏れ出し青く燃える。突然爆発。辺り停電。すぐには復旧しない。自首するため電話帳で町の警察署番号を探す。父さんしばらく出かけてくると話す。父さん若い頃の顔だ。という夢を見ました。

本日は、待ちに待ったお絵描きdayです。通信簿終えて、よしだよしこLIVE終えたら、ゆっくりお絵描きすること、とてもとても楽しみにしていました。けれども、若干用事が入り、ばたばたしました。まあ、いろいろあるもんです。
ここのところ佐藤忠良さんに傾倒しています。若い頃から憧れは、田島征三さんやスズキコージさん。自らが自らを解き放たなくてはいかん、解き放ちたい、解き放たれたいと思いながら、ぐだらぐだらと日々送り、年重ね...ですなぁ。

いじめなくそう という具体的取り組みって、 実のところ、労働争議なんだと思います。

平和は政策(プログラム)じゃない。
平和は日常(ライフ)なんだ。 心に残ります。

いじめなし、 子どもの世界だけ。
嘘をついてはいけません、 子どもの世界だけ。
人を傷付けてはいけません、 子どもの世界だけ。
というわけにはいきません。
子どもたち、みんな見ています。
みんな、大人から学びます、 いいことも、悪いことも。

戦争始まったら、正規採用される。
戦争始まったら、健康保険に入れる。
戦争始まったら、借金帳消しになる。
と、揺さぶられたとき、
あなたが、どんな選択するか。 問われる日常。
原発再稼働したら、正規採用される。
原発再稼働したら、健康保険に入れる。
原発再稼働したら、借金帳消しになる。
と、揺さぶられたとき、
あなたが、どんな選択するか。 問われる日常。

聖書に愛が記されていても
お経に救いが綴られていても
コーランに進むべき道が描かれていても
日本国憲法に戦争放棄が謳われていても
自らが歩まなければ 私あなたが努力しなければ
愛も救いも進むべき道も戦争放棄も
誰も与えてくれない
むしろ奪われるばかりだ

小さな不幸が ゆらゆら降ってくる
ときどき吹いてくる
気付くと生えている
溜めすぎないように
小さな掃除を
面倒ならば上書きを
小さな幸せは
不幸せより目に見えない
かたちになっていないから
見落とさない暮らし方
大きな幸せ1個より
小さな幸せを
ポッケいっぱい

揺すぶられ 葉が落ち
枝折れ 萎れても
根っこがあれば 大丈夫。
土が守っているからね。
今日みたいな雪の日は
根っこもカエルと眠りましょう。
毎日咲いてる花はなし。

全ての人に「助けて」 という権利があります。
あなたにも、私にも。
何とかしようと努力してくれる人 必ずいるものです。
待つばかり耐えるばかりではなくて 大丈夫。
一歩だけ外へ。

2012.12.25

20121225.jpgよしだよしこLIVE前座(12/23)中沢啓治さん亡くなったこと、さっき知りました。あなたが「はだしのゲン」を描いてくれたから、私は今の私でいます。 怖いものは何か。正しいことは何か。 人間はどれほど弱いものか。 人間はどれほど逞しいか。 あなたが教えてくれました。 ありがとう。 遺志継ぎます。伝えます。

五十嵐正史とソウルブラザーズのCD「残された場所で」をプレゼントしてもらった。ありがとう、Sさん。聴きながらお絵描き。やっぱバンドはいいなぁと、ピンの私的に感じた。ああ、団体行動苦手な私。ああ、バンドいいなぁ。「あいつは、バンド仲間で」なんて言ってみたいなぁと、思ったりする夜。

かよちゃんよりも だよちゃんさ。 名前じゃなくて語尾のこと。

2012.12.26

20121226.jpgよしだよしこLIVE(12/23)年休なんだけど、出勤して仕事しました。学校帰りにTSUTAYAに寄って、映画「アブラクサスの祭」を借りてきて、見ました。良かったです。国見町の風景がとても懐かしい。確かこの映画を知ったのは「母の友」の映画評だったと思います。ああ震災前の日々よ。音楽という希望よ。

雪が積もる
キャベツの外側が凍れて
柔らかい内側が守られている
外側も内側もキャベツ
おんなじ一人

ぎりぎりのところで生きていること
隣りの人は知っているのだろうか。
呼吸をするので精一杯なのに
明日があるかないか、分からない今なのに。
思いはなかなか届かない。
静かに見つめても、瞬きで地面に落ちる。
声に出すこと。
自分の声を自分の耳で聞く。
意外な誰かがそれを拾うだろう。

誰かを助けられなかった という痛みは、言葉にできない。 そんな重さ深さ凄まじさを 共有したり想像したり慮ったり できないようなリーダー。 きっと、自分だけしか見ていない。 広い視野。深い眼差し。大きな心。 選挙のポスターほど 美しくないものはない。

広島に原爆落とされてなんていません なんて、どこかの国の政治家言ったなら。 そんなこと思う今夜。

ちゃんと だらしない時間を
しゃあしゃあと 臆面もなく 送ること。
反省しきりの毎日だけど
自分じゃない誰かを 生きること しなくていいよ。

雪灯り 月の輝き お日さま感謝。
蛍の光 蛍のお母さんに感謝。
育む森にありがとう。

2012.12.27

20121227.jpg松山町駅(12/27)年休でしたが学校で仕事。ひとまず仕事納め。夕方から仙台で忘年会です。放射線被曝から子どもを守る会のメンバー何人かと仙台で飲んで語らいました。今度LIVEすること話しました。ギター人口多いから、わたしゃベースかカホンですな。今夜も深夜の電車で思います。 酔っ払いよ、 饒舌は危険です。

「原子力」を「毒ガス力」と置き換えてみてはどうでしょうか。「毒ガス力推進」という感じ。毒ガスの神様に「風評被害が心配だ。放射能なんかと一緒にされると迷惑だ。やめてくれ」と言われそうですが。

教育基本法を改悪して、教員免許更新制度作り、学校はどのように「良く」なったのでしょう。良くなっていないことは、全部自らの施策ではなく、他人のせいにして、どんどん悪くなる…ということはやめさせなくちゃいけませんなー。

誰かの不幸は関係ない。
隣の不幸も知りません。
自分のことなら大変だ。
ひとりぼっちで考える。

世界地図を広げよう。
チェルノブイリはどこだろう。
その県境は分かるかな。
安全地帯はどこだろう。
世界地図を広げよう。
福島県はどこだろう。
その県境は分かるかな。
安全地帯はどこだろう。
原発動かすことなかれ。
その国境など関係ない。

子どもの頃、大人って深く大きく揺るぎないように感じていた私。好きな大人も苦手な大人もいた。みんな私より経験重ねているゆえ、敬う思いあった。今、47歳の大人として居る私。自問すること多岐に及ぶ。ああ、反省しながら成長しよう。

2012.12.28

20121228.jpg年賀状の絵(12/28)今日は、仙台脱原発デモです。ジャンベは雨でも大丈夫用に中古の人工皮革のもの。音はやっぱり自然のもののほうがいいです。なかなかたくさん集まってよかったよかった。今日の仙台脱原発デモは、小学生のコール! ああ、心打たれますよ。終わってから「良かったよ」っていっぱい言ったけど、言い足りないくらいだったと思っています。ありがとう。デモの帰りに、とても珍しいこと、外食。タイ料理屋さん。お腹いっぱい。そしてこれまでの疲れ、どっと吹き出す感じでした。そうそう、ジャンベ叩いてて、ちょっと右肩に違和感ありました。ひょっとして、50肩ってやつでしょうか。上げ下げ回転できますが、「なんか気分悪いんだよね」と肩が言っています。

隣りの息子さんが
遠い異国で道に迷い
食べ物も布団もない
暗い一月を送っても
きっとこの国じゃ
通勤電車に酔っ払い
バラエティ番組饒舌
ゲームの時間延ばし
こっそり少年遊ぶのは
人殺してポイントアップ
ああ、隣りの息子さんも
好きだったね、
兵隊さんになるまでは。

仲間をバラバラにしようとする権力者たちは、やっぱりみんなが垣根払って手を繋ぐのを、恐ろしいと思っているんでしょう。反原発・大阪での弾圧でまた、感じます。誹謗中傷してたら、原発推進したい人たち大喜びですよ。喜ばすわけにはいきません。

2012.12.29

20121229.jpg東松島(12/29)今日は、今年最後の東松島仮設住宅集会所での学習支援でした。スタッフは私だけで、子どもも3人だけでした。小さな部屋で、こじんまりと、でもいつもの同じ感じにやりました。途中で、地震がありました。うんと大きなものではありませんでしたが、子どもたちの表情を見て、津波の怖さを感じました。

夜、映画「チャイナシンドローム」(ジェームス・ブリッジス監督)を30年ぶりに見ました。TSUTAYAレンタル。3.11以降を暮らす者としてはリアリティあり過ぎでした。

いじめを「一喝」でやめさせることが できると考える人は
不登校も「一喝」でやめさせることが できると考えるかもしれない。

あいつの言うことは 聞かなくていいよ。
と、言うような人にはならない。
言われるような、 あいつの一人として。

いわれなき差別 という言葉ほど 根深い差別社会 表す言葉はない。

毎年、先送りしてきたこと。 春に、カエルの声を録音すること。 夏には蝉、秋に虫、冬に渡り鳥。 明日やろうと思っているうちに みんないなくなっていた。 けれども、また来てくれる。 来てくれるはずだ。

政治家は、 いじめ対策に何を作りましたと、 被災地支援に何円予算化しましたと、 現場じゃないところで「成果」をあげる。 政治家の現場は、そこだから。 ふと見渡すと 政治家みたいな「現場持たぬ者」が増えている。 己が「成果」のため。 それは誰のため。

Twitterであれこれと発言すると 何かした気になる。 誰か反応してくれると 世の中少し変わった気がする。 けれども、 TwitterはTwitter。 散歩してご近所とご挨拶すること 軽んじないようにしたい。 ましてや、家族との会話。 そんな年末年始。

2012.12.30

20121230.jpgちだ原人NUTS(12/30)今日は「ちだ原人NUTS年末LIVE 年忘れ居酒屋パーティー」の日です。会場の「居酒屋 満平や」(宮城県東松島市)に行きました。ちださんと会うのはとても久しぶりでした。下の名前で呼ばれて、なんかびっくりしました。よしだよしこさんからの伝言伝えました。福島から来た方に、福島デモでジャンベを叩いていましたねと言われました。これも、またびっくりですね。いろんな出会いです。仙台の中学校の先生とも話しました。

いやはやそれにしても、ちだ原人NUTS! あいかわらずといいましょうか。まったくもってよいです。ちだ原人NUTSと 日本国憲法は 奪われちゃいかん!と感じました。ゆるやかな強さ、いや「強さ」なんて言葉じゃないな。信じられるもの、自然、みたいな感じ。ああ、追いつめられても、人間は大丈夫だよ。

帰宅して、久しぶりに心臓痛。横になりました。しばらくすると、発作が通り過ぎます。ふぅ〜

2012.12.31

20121231.jpgちだ原人NUTS(12/30)昼に自転車で小牛田に行きました。旧友に会うためです。学生時代の同期のAさんです。東京在住ですが、実家が小牛田。数年前に仙台市泉区で会ったとき以来です。そのときは、歩道でギター弾いて歌っていた私でした。あれから、まあお互いいろんなことがあったものです。ジョイフルでビール飲みながら、語らいました。ま、変わっていないもんです。専攻も寮も一緒だったAさんと一緒に過ごしたのはほんの5年間なのですが、彼のあれこれを私が知っていて、私のあれこれを彼が知っているという、ふるさと感覚は、まさに旧友なのでした。ああ、会えてよかったよ。ありがとう。ジョイフルからの帰り道、二人で歩きました。人は、独りぼっちで歩むものではないのだなぁと、感じました。感謝です。

黒澤明監督「生きものの記録」を観ました。1955年の作品。放射能被曝と避難の今と重なります。TSUTAYAでレンタルしていたものです。よければぜひ。

薄皮饅頭、好きです。 つぶあん、大好き。 具体的には、 小牛田駅前の薄皮饅頭、美味しいです。 さて、 薄皮饅頭の上に原発建てちゃいかんと 今朝も揺れる薄皮の上で思うのです。

「おだやかな日常」予告編 見てしまいました。http://t.co/wBdJjqLj
バッテリー充電して
バイクで繰り出そう
青空見えて 北風吹いて
日向を選んで 海に行こう

撤退の裏に首切りあり
安売りの影に搾取あり
お得の後をつきまとい
お金に幸せ滅ぼされ。

二度寝の贅沢 されど年賀状 投函まで遠く

ページの先頭へ

今までの日記

今までの日記