2013.04.01

20130401.jpgうめさん(3/30)鉄塔の高さは、東京タワーと同じ。色はグレー。一本延びる鉄塔にはしごが備わり、それを登る。下から見ているとただ立っているポールだが、上は揺れている。90度以上揺れるので、両手で握り、片足でふんばり、もう片足は足の甲を引っ掛ける。ひどい風に揺らされて、降りることができない。という夢を見ました。

今年度がスタートです。いきなり頑張り過ぎにならないよう、今こそ健康第一。

何度も「地震?」と思いました。山が鳴るのです。しかも度々続くのです。落ち着きません。みんなで話していて、どうやら王城寺原の米軍の軍事演習。大砲の音が涌谷町にまでも響き渡っているのです。人殺しの練習とも言えるでしょう。

2013.04.02

20130402.jpgゴタンと一緒(4/02)職員室の机の整理をしました。ほっとしました。
揺れるとTwitter見る習慣が付いてしまっています。
私の写真が必要という件があり、居間でセルフポートレート撮りました。こりゃあ大変珍しいことです。

2013.04.03

20130403.jpg夕空(4/03)私立高校の体育館で、文化祭があるはずだったけれど、柱や鎖がバラバラになったので、中止。高いところから落ちた。片付け少しだけ。港に急ぐ。連絡船は折り返し。テレビにワサビ農家。知っている人だ。という夢を見ました。

30年前教員養成大学の学生だった私。授業はさぼりがちゆえ(授業で)覚えていることほんの少し。ある先生が紹介した絵本「電話がなっている」(川島誠)。その日は夜まで心がひりひりしていた。あれから30年経ち、人間の社会に驚愕する日々。「セカンドショット」角川文庫で読めます。

教室の窓掃除をしました。好きな仕事。

屋根を叩く雨は、久しぶりだ。
きっと、目覚めるカエルたち。
鳴きだしたり、咲きだしたり。
南から桜、歩いたり休んだり。

2013.04.04

20130404.jpgにゃんこ(3/30)職員室の机の上にあれこれ置かない記録、とりあえず2日目。

2013.4.05

20130405.jpg夕空(4/05)駅に向かって歩く道、一丁向こう側に、学生時代に付き合った女の子を見つける。しましまのシャツ、長めのズボン、肩までのストレートヘア。静かににこにこしている、朝の光の中。君は昔のままだけど僕は年をとったよ、そして結婚もしているんだ、と言えずにどきどきしている。という夢を見ました。
Macintosh PowerBook5300CS がオークションに出ていて、落札した。受け取ったら、5900CSというワープロ専用機だった。という夢も見ました。

桜よりカエル待つ東北の朝。
朝日の昇るのが、早くなり
白鳥どの辺まで、帰ったか。

人前でちゃんと
歌うこと
踊ること
ギター鳴らすこと
人前でちゃんと
話すこと
描くこと

ちゃんとって
上手ってことじゃない
立派だったり
素晴らしかったり
関係ない

自分出すしなやかさ
正直であるか
支配されていないか
柔らかい勇気あるか
世界広がっているか

今日は職場の歓迎会。一度帰宅して、鉄道で向かいます。途中、子どもファミリーと気動車で会いました。今日も盛り沢山の「出会い」でした。ああ、私の旅は続いています。旅する私は経験を重ね、また春を迎えます。月曜日から新学期です。

2013.04.06

20130406.jpg学習支援(3/30)ショッピングセンターのベンチで、原発関連の映画監督秘書の方とおしゃべりした。という夢を見ました。

朝、初ウグイスを聞きました。庭のスイセン。

今日は午後から、教職員組合支部の春の教育講座に参加しました。教員って、ちゃんと人として立たなくてはいけないよねと感じました。大人の都合に合わせた「教育」なんてしちゃいかんよねと思いました。ある意味自信を得ました。参加してよかったです。春の教育講座の後で、明日の授業のための教育講座の実行委員会に参加して、帰宅しました。毎日いろいろあるものですなぁ。

「軍事国家」の定義をしましょう。小学2年生が理解できる表し方を追究しましょう。

「貸し借りは友を失う」とは、30年前に仙台名掛丁の半田や、おかず入った棚の横に書かれていたもの。資本主義経済・金融政策・かつてのバブル崩壊を見ながら、マルクスも「んだから」と言うにちがいありません。

人を見下し、蔑む人。
尊敬できない。

戦争始めるときは、いつだって戦勝ムード。

人の数だけ正義あり。
世界に一つだけの正義、怖い。
国家に一つだけの正義、怖い。

2013.04.07

20130407.jpg去年の2年生CD(4/07)前の前の学校の教え子が訪ねてきてくれた。高校時代、不登校とは知らなかったよ。お釣りが丁度になるように、あちこちから硬貨集めて、新聞紙にくるんで渡した。という夢を見ました。気温が高い朝でした。

明日が始業式です。私はぎりぎり仕事。去年の2年生の歌をCDにしました。明日渡します。本当は写真などもまとめたかったけれど、ごめんなさい。歌声だけをまずはプレゼントです。

子どもの頃に見た演劇を忘れていません。
王様の耳はロバの耳
あれじゃなんにも聞こえない
聞こえやしない
と、歌っていた役者さん。まだ聞こえます。心に流れています。今の私をつくっています。ありがとうございます。

キノコを見つけると、多くの子は「これ、毒キノコ?」と聞きます。蛇を紹介すると、「毒ヘビ?」と尋ねます。日本語を話さなさそうな人には、英語で話そうとします。大人が作る環境によるものなのだろうか、とずっと考え続けています。

福音館書店(母の友)ファンです。Web福音館訪れてみて感じたことは、私は縦書きが好きなのだということでした。Webは、入口。本(とくに絵本)は、紙が嬉しいです。

2013.04.08

20130408.jpg1年生(4/08)始業式です。ドキドキですね。私は、今年度4年生の担任。にこにこと出会えて、まずはよかったよかった。どうぞよろしくなのです。
すぐに入学式があるので、さようならでした。1年生を迎えて、ああ今年度が始まりましたなぁ。

2013.04.09

20130409.jpg鉛筆削り(4/09)嵐去った朝、ちょちょちょちょちょちょーちょーという小鳥系のさえずり。誰だろう? 聞き慣れない声です。

さあ今日から新学期の本番です。4年生のみんなとさっそくずんずんと学習を進めます。朝の時間に小刀で鉛筆削りをしました。いろんなことにチャレンジしていくんです。ちなみに学年通信の名前は「手のひら太陽」です。「手のひらを太陽に」ではなくて「手のひら太陽」なんです。

2013.04.10

20130410.jpg4年生(4/10)昨日、チューリップをリアルに描いてみようという時間を設けました。4年生のみんなは「え!」でした。実物を見ないで描くのはなかなか難しいものです。今日の朝の時間に、校庭のチューリップを観察しました。眺めるのではなく、観察するということ。何をどう見ればよいかということ。学んでいきましょう。

2013.04.11

20130411.jpg入学式の花のリメーク(4/11)今日は、係などを決めました。一つずつ始まるっていう春です。

始業式の日、4年生に渡した自己紹介プリント(宿題)。出した私もする流儀です。「将来の夢」を聞く設問への回答は無限にある私なのですが、今回は「世界中旅して、小さな村の広場でギター弾いて歌って、踊ってもらうこと」としました。ああ実現できるといいなぁ。

孤独症候群としての
現代びと
の一人としての
私。
もがくことなし
しかも
安定平穏遠いところ。
だとしても
出会ったり別れたり
全部糧にするという
希望とか可能性とか。
歩いて行って
見える風景
変わる景色。
眠って起きて
正確には繰り返しではない
毎日を生きる。

2013.04.12

20130412.jpg花を描く(4/12)割り箸を小刀で削ってペンを作りました。入学式会場の花を教室にもらってきました。それぞれに花を手にして、墨で描きました。八つ切り画用紙半分にした紙に描きました。なかなかよい花が咲きましたな。作者がそのまま咲いているようでした。

2013.04.13

20130413.jpg花を描く(4/12)JR東北本線 松山町駅 これから名取で介護です。東北本線仙台行。孫に「次はどこだ」と聞くお爺さん。正解に喜ぶ顔。40年前に京浜東北線で見たことある孫。電車の中の「中年おやじ」の半数くらいは、自分より年下という自覚。いやはや。
仙台駅前。ちょっと怖いかも。仙台駅前名掛丁からペデストリアンデッキに上がるエスカレーター。出来たのね。

先人たちは
星を見て
小舟で海原を旅した。
峠を一歩一歩歩んだ。
季節の移ろいと共に生活した。
そこには
賞味期限表示も
携帯電話もGPSも
国債もオスプレイも
内部被曝の危険性も
なかった。

進歩の進む方向はときに、愚かさであることも。
今年の初桜は、宮城県名取市 サッポロビール園の。JR仙台駅前で、さっき撮ったペンギンの再確認をしました。JR仙台駅前で、さっき撮ったペンギンの再確認をしました。宣伝するつもりはないですが。とツイートしていたら、記念写真撮ってほしいと言われて撮りました。アングルなどそれなりにしてシャッター押して、うんと満足されて、嬉しかったですな。

カタカナで 表記できるいびきを 久しぶりに聞く最終電車。
終電の少女たち ウケるというあいづちを知る

2013.04.14

20130414.jpg女川(4/14)4/28「さようなら原発inいしのまき」のちらしを持って、女川の家々を訪問してきました。参加者9名、取材2名。たくさんの出会い・語らいがあり、とても有意義でした。足を運ぶこと、挨拶を交わすこと。とても大切。そう感じました。
あるおうちでは、土地のかさ上げについて聞きました。原発心配だよという声は思いのほか多かったです。体調がすぐれない方がいて、病院にすぐに行きませんかと相談しました。結局今日は病院もやっていないので、女川の方が明日来てくださることになりました。脱原発デモだけでなく、ちゃんと人と人が暮らしの中で出会うことが大切なのだと感じました。「絆」とポスターに書いているだけでは、きっと人は救われないのだと感じました。お祭りをするのもいいけれど、そこに行ける交通手段も準備しなくてはいけないとも思いました。現場に立つこと、人と出会うこと、言葉交わすこと。そしてそれを続けること。自分に課していきたいと思っています。

路端の私
肩書も保証もなく
寒空は誰のせい
冬よりも
夜よりも
人がときに寒く
ときどき温かく
星の全部が地球の至近距離で輝いても
きっと困るから
ほどほどの
そもそもの
距離感で
路端やらそこいらで
暮らし続けるのです。

全部危険
全部安全
といかない現実
向き合うとは
面倒臭がらずに
一つずつ
一人じゃ大変だ
みんなで少しずつ
誰かに任せない
誰かに委ねない
美味しい話にゃ
下心
傷付くことにも
いささか慣れたけど
傷付くのは嫌だから

2013.04.15

20130415.jpg花の絵(4/15)今日は、大きな障子紙に花を描きました。墨を使いますが、筆で描きます。鉛筆でもペンでも描いたので、今日は本物ではなく自分の作品を見ながら描きました。黒板の上を飾る作品になります。

1年生を迎える会の出し物を準備します。ユーモアとオーバーアクション、わくわく感。今回は、お笑いリーダーは二人でしたが、だんだんと全員がお笑いリーダーできるようにしていきましょう。

2013.04.16

20130416.jpg花を描く(4/16)昨日墨で描いた絵に色を付けました。鮮やかになりました。花と花との間に、青や黄色を入れるのは、私がしなくちゃいけないかなぁと思っていたのですが、4年生のみんながぐいぐいと刷毛を使いました。おお!やるのぉ〜! やるべきことを、やらされ感覚なしに自分たちでどんどん進められる4年生。とても優秀だなぁと感心しているところです。

学校からバイクで帰宅しました。初雨RIDEでした。雨と埃の匂いが、懐かしい感じに漂う春の夜。ヘッドライトに照らされたアスファルトに小さく見えた緑色が、アマガエルだったかどうか、気になっています。

体重計と同じくらい普及するといいです。いいって言っても、やむなく。幸せでないことだけど、少しだけ幸せに近づくため、普及するといいです。ベクレル測定器。漁師さんお百姓さんの話を聞いて、なおさらです。

差別をなくすとか、貧困をなくすとか、子どもを守るとか…。実際にそのために行うこととは、具体的な営み。それぞれの現場での行動。震災復興もきっとそう。「震災復興!」とたくさん唱えるよりも、具体的なアクション。大きく派手である必要なし。よければぜひ宮城県へいらしてください。

2013.04.17

20130417.jpgコントラバス(4/17)空気をビニール袋にためて温める。ビニール袋の大きさで比較。学校でやってみよう。休日の学校に子ども二人。ネットフェンスはファスナー開けて入る。すると後ろに白衣の男性二人。ポータブルサイレント回し、入ってはいけないと言う。「放射能空間線量を測ろうとしたね」と退去命令。という夢を見ました。

国語では「こわれた千の楽器」という音読教材に取り組んでいます。みんない感じに音読します。音楽準備室からコントラバスを持ってきたら、それはそれはみんな興奮しました。何人かの人に触れてもらいました。いずれ全員に弾いてもらいましょう。

一年生を迎える会の招待状を作ることを忘れていて、今日作りました。みんな心込めて手紙が書けるので、いいなぁと思いました。あたたかさって大切。

2013.04.18

20130418.jpg一年生を迎える会(4/18)今日は、一年生を迎える会でした。一年生の自己紹介は、見事でした。毎年見ているのですが、こんなに多彩な一年生は見たことがありません。みんな堂々としていて、自分に自信を持っていて、すごいなぁと感じましたよ。4年生の出し物もよかったです。歌は「子どもの世界」、ギター伴奏は私でした。

アメリカボストンマラソンで事件がありました。その爆発現場を「まるでイラク」というアメリカの人に、傷つけられる思いがしました。

随分前「絶対安全カミソリ」を聞きました。ロックバンドだったと思います。やるな〜と思いました。「絶対」をつけることで「安全」が怪しくなっている、まさに褒め殺しです。「安全」だけなら不安は生じないのに、それを「超肯定!」すると、立ち止まってしまいます。さて何につけよう「絶対安全」

2013.04.19

20130419.jpgじゃんけん列車(4/18)4時間目の音楽の時間に教室でみんなでのりのりで歌っていたところで地震が来ました。机の下に入りなさいと言いました。揺れおさまってから、命守ること話しました。3.11揺れている間一緒にいた1年生を今年担任しているんです。彼ら覚えていないのかと思ったら「助けてくれたんだよね」と話してくれて、ぐっときました。

5時間目は、学習参観日でした。何にしようか迷ったものの、結局は国語。詩の授業。谷川俊太郎さんの「おおかみ」の授業をしました。今の6年生が3年生のときにもしました。情景を思い浮かべること、リズムを見つけること、発表すること、そして自分でも作ろうとすること。今日の宿題は、詩を作ることでした。
PTA総会を終えて、学年懇談会。とても充実のひとときでした。時間オーバーでしたが、役員さんがてきぱき進めて、感謝感謝なのでした。来週は、家庭訪問週間です。

ちなみに今朝は、こんな夢を見ました。学習参観を終えて、職場の飲み会。みんな早く帰りたくて盛り上がらない。帰ればいいのに帰らない。交差点では高校生が騒いでいた。修学旅行のようだ。トイレを探してお寺に行くけれど、お墓が続くばかり。山の上には住職の家。トイレ借りる深夜。ご家族どこかで会ったことある。

2013.04.20

20130420.jpg水俣(1985)映画「阿賀に生きる」(佐藤真監督)を観ました。尊厳もって、しかも大らかに生きるということ、その輝きに、現代の貧しさ省みさせられました。ほんの20年前の風景なのに、失ったものの大きさ感じています。放射能に苦しむ今です。有機水銀に苦しめられている今を、私は「今」として認識していなかったのだと気づきました。教えられないと分からないことがあるということ。分かったつもりでいてはならないぞと、ことに大人は自覚しなくてはいけませんね。スモンのこと、勉強し直そうと思っています。
仙台で、友人の送別会がありました。春の雨です

世の中全員が心開くことができない世界になったら大変だ、と考えるこの頃です。自分がいないところで、どんな誹謗中傷あることないこと憶測思い込みを総展開されるかもしれない...という危惧が日常になったら、きっと健康ではいられないです。だから、本人に言わないことをこそこそ言うこと、しないんです。ふ〜人間、一気に二歩前進はできません。どんな場所でも信頼関係は大切です。信頼関係が築かれず、不信関係が築かれるというのは、避けたいです。

髪を染めるのやめてしばらく。白vs黒vs茶色がイーブン。去年担任した子にも「白いね」と言われるこの頃。いっそぱぱっと真っ白になりたいものの、長髪は簡単でなし。

先週RICOHのGR新型発売を知りました。今朝Webサイト訪れました。な〜るほど、RICOHさん頑張りました。ボディサイズ大きくなったらがっかりと思っていましたが、iPhone4SからiPhone5になったくらいの変化。何となくライカな印象。GR4ユーザーなので、いつの日か。

2013.04.21

20130421.jpg水俣(1985)武田鉄矢さんがぼろぼろ泣いている。ラジオ番組のマイクの前で。自分の歌を子どもたちが歌うのを聴いて、涙が止まらない。という夢を見ました。

静かだなあと思ったら、外はみぞれでした。雪の中の踊り子草

昨日夕方仙台駅前の丸善で、ふと15年前の教え子を見た気がしました。ぐるりと回ると、今年度担任している子と会いました。なんだか映画のカットのようでした。

だるまさんがころんだをするとき、鬼の歩数を言う場面、「大股一歩」を「おおがたいっぽ」(大型一歩?)という子は、とても多い。言葉って、聞いて覚えるもの。

MacOS再インストールしました。すっきり動いてうれしいです。取りかからなくてはならない仕事終わっていませんが、急がば回れですね。さて、個人辞書読み込みと諸ファイルコピーをしましょう。

風評被害って、放射能に限ったことではありません。レッテル貼ったり見下したり…人と人とがちゃんと出会えなくしているものでもあります。ちゃんと出会うこと、ちゃんと喧嘩や討論やおしゃべりができること。憲法の理念を実現させることって、そういうところから。

2013.04.22

20130422.jpg交通安全教室(4/22)今日は、交通安全教室の日。自転車の乗り方学習を、強風の中やりました。

夕張市末広1丁目の家。居間と流しの間の戸を母さんが観音開きに改造した。父さんは快く思っていないようだ。次の個展までに、額縁を揃えなくてはいけない。それは私の仕事だ。という夢を見ました。

誰かを攻撃することでしか
己が思いを伝えられない人。
あちこち、ときどき。
ちらほら、わらわら。
森に入れば、
たくさんの樹々に囲まれ、
虫たち花たち苔たちキノコたち。
狭い了見恥ずかしい人類よ。
心の中の森、
胸の奥の湖の
その底の岩陰の静けさよ。

疲労が溜まると、髪の毛を切る習性。今夜もまただ。また、茶色金色に別れて、白い私が増えている。

2013.04.23

20130423.jpg涌谷の夜桜(4/23)今日は、職員健康診断。午後は家庭訪問。旅の始まりです。

脱出できない。地下鉄の改札を何度も通る。切符を何枚も持つので、自動改札にどれを通していいか分からない。やむなくまた切符を買う。けれどもまた自動改札が閉じてしまう。そのままダッシュするか迷う。その先が正解とも限らない。切符売り場で私が探されていると聞く。けれども埒あかない。エレベーターで地上に出たと思ったら、人がいない。屋上というよりは山の上。けれども自然の中ではない。線路は東海道本線。寝台特急富士だ。GRで撮る。至近距離を通過する。危ない。線路を渡る。反対から、特急とき2両編成。エレベーターに戻ろう。暗いエレベーター。若い男女がいちゃついているかと思ったら、男性が男性の首をネクタイで締めている。と思ったらネクタイを解こうとしている。酔っぱらったビジネスマン。声掛けずに、屋上。かと思ったら、工場の廃液がどんどん流れる中。泡が茶色。押し流される向こうに何があるか分からない。どうにも脱出できない夢を見ました。いやはや大変な朝でした。

2013.04.24

20130424.jpg4年生(4/24)家庭訪問週間です。移動10分滞在15分1:20から4:30まで8軒という凝縮した旅は、充実です。いろんな出会い発見感動。時間作ってくださったおうちの皆さんに感謝です。朝の会では「旅物語」話すんですな〜、これ毎年のこと。

家庭訪問後、教職員組合の会議。終えて帰宅。明日も家庭訪問。8軒回って、夜は石巻(矢野顕子)。翌土曜日だけで「さようなら原発inいしのまき」のパンフレット編集印刷、表看板作りができるかどうか。それが問題。今夜はもう眠たいし…

2013.04.25

20130425.jpg涌谷の桜(4/25)今日も家庭訪問の旅は続きます。充実です。夜は、教職員組合の会議で充実です。ちょいと疲れ気味です。

長いものに巻かれると
息ができなくなって
とっても苦しいよ

2013.04.26

20130426.jpg松山町駅の楓(4/26)遠い親戚の結婚式は盛大。町全体のお祭り。コスチュームも揃えて、練習通り。踊りもあれば、相撲もある。山の上から海を見る。埠頭が何本も海にせりだし、海はセルリアンブルーだ。という今朝の夢。

4/26チェルノブイリの日。はだしのゲンを読んで育った私。8/6がヒロシマの日であることは「常識」と思っていました。知らない人がいることに驚いたことがあります。世の中は広いもの。4/26今日はチェルノブイリの日。チェルノブイリって?と尋ねられたら伝えましょう。

今日も家庭訪問の日。家庭訪問を終えて、そそくさと帰宅して、東北本線と石巻線で石巻(鹿又)に向かいました。今日は、矢野顕子さんのライブなんです。〈矢野顕子、忌野清志郎を歌うツアー2013〉です。会場は、石巻N'S Square。とてもとてもよかったです。うみのものやまのもの、もう一度聴きたいです。

心の広さは
面積じゃない
容積でもない
重さもない
軽くはない
羽はないけど
ふわふわと
またはころころ転がって
無色じゃないけど
色はない
そもそも心はあるものか
ならば心はないものか
ときどき脱皮
ときどき枯れ果て
そして新芽が膨らんで

矢野顕子さんLIVEで心にメモしたあれこれ。誇り高き…ということ。小学校教員として、誇り高き小学生であってほしいということ。小学校教員として、誇り奪う仕事をしていないかという自問。どこかにあって、くっつけるものではない。内に秘めていて、育まれるもの。

誰かのお目に叶うよう
自分を改造してまでも
自分を貨幣に変えてでも
何を選んで何捨てて
そしてその後何がある
立ち止まって見渡す雑踏に
人の顔はあったかい
故郷の花は香ったかい

あなたのかわりは、いないのです
わたしは、ふたりはいないのです
くものかたちが、とどめなく
かぜにながれて、おどりつつ

信じられることと
信じられないことと
だいたい半分半分だから
毎度信じられないと嘆くことなく
けれどもずっとこのままに
信じる道をふらふらと
ときには迷ってひと休み
歩かされずに
歩みます。

2013.04.27

20130427.jpg仙台の銀杏新緑(4/27)しっかり話を聞きなさいと叱って教室を出た。戻ってみると、女性の先生が二人いて、社会科の授業をしていた。横罫のノートに縦書きで日本史の内容を丁寧に書き写す子どもたち。教室の下には池があった。私は居場所なく苦しかった。という夢を見ました。

明日の「さようなら原発inいしのまき」のパンフレット担当は私です。昨年同様です。原稿を整理して、版下を作り、それを印刷するのですが、朝になってわたわたと進めるのでした。昨年と比べ、原稿は概ね早くに集まったものの、私自身に余裕なく、前日仕事です。昼までになんとか版下を作り、それを持って仙台に向かいます。仙台市市民活動サポートセンターで印刷し、紙折りもしようと思ったからです。また、舞台美術のための色画用紙なども買おうと思いました。

田んぼに水が入り始めました。昼の電車で仙台に向かいました。印刷も順調でした。遅くにならないうちに帰ろうと思っていたのですが、JR東日本 仙台近辺 強風で大幅遅れ。70分遅れ。まあ本でも読みながらゆっくりでいいやと思っていたのですが、さすがに仙台駅1番ホームに並んでいたところで「定刻より40分遅れている折り返しの列車は、鹿島台駅を発車しました」と聞いたところで、こりゃだめだと思いました。かつてのろのろ徐行運転で2時間近く掛けて松山町から仙台に着いたことがあります。2時間待って到着した電車に乗り、また2時間掛けて帰るのは時間ない私には厳しいです。新幹線で古川に行くことにしました。すると特急券なくて大丈夫という措置でした。久しぶりの新幹線。新幹線の車窓から田んぼを見ました。 古川から小牛田まで陸羽東線。ある子のお母さんにお会いしてお話しました。そして陸羽東線。 いやはや、これまた旅でしたなぁ。

誰かをやっつければ、幸せになる
なんてことない。
誰かに従っていれば、幸せになる
ってこともない。
広い視野を持ち
いろんなたくさんの友と語らい
季節を感じながら
毎日を大切に過ごすこと。
そんな界隈に
幸せ漂っていることでしょう。

2013.04.28

20130428.jpg嶋村さんの駒は人気(4/28)今日は「さようなら原発inいしのまき」の日です。

第一部10:00:お祭り。苫米地サトロさんたちの歌、小岩勉さんの写真展、駒まわし、理科実験、おにぎり豚汁、十三浜のワカメ、バザー、本屋さん、太陽ハウス、チンドン屋さん…などなど。入場無料です。
第二部14:00:講演会です。講師は、崎山 比早子さん(元東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員、高木学校メンバー)。参加費500円です。
会場は、石巻中央公民館。旧市役所向かえ、日和山の登り口にあります。ぜひいらしてください。主催は、実行委員会(委員長は十三浜漁協の佐藤さん、事務局は石巻の近藤さん)です。

午前100名午後120名の参加で、盛況でした。ありがとうございました! 打ち上げにノンアルコールで参加しました。今日もまたたくさんの出会いがありました。感謝です。そして、ほっとしました。

さようなら原発inいしのまき。北上の渋谷さん
さようなら原発inいしのまき。苫米地さん
さようなら原発inいしのまき。崎山さんの講演会

2013.04.29

20130429.jpg寿寅社 寿寅多宣伝社(4/28)蛇に気を遣う。結局怒らせてしまって、縫われる私。という夢を見ました。

NHKの女川ドラマ(再放送)を見ました。涙が止まらなかったのは、みやぎにいるから、夕張の炭鉱事故を知っているから、子どもたちと一緒に毎日を過ごしているから...と思いつつ、長い長いこれからをちゃんと自分として生きていかなければならないと心しているところです。音楽は大切ですね。

いいことばかりじゃありゃしない。
そして
わるいことばかりでも
きっとない。
明日になってみりゃ
意外と
なんてことない…
なんてこと
これまでもあったっしょ。

2013.04.30

20130430.jpg消しゴムはんこ作り(3 追戸横穴墓群の桜(4/30)家庭訪問の一週間を終えました。とても豊かな旅でした。ありがとうございました。

ページの先頭へ

今までの日記

今までの日記